茶香服-Chakabuki-   

先日{茶香服(ちゃかぶき)」という会に参加してまいりました。
それは何ぞや?といいますと、
簡単に言うと利き茶なのですが
ワインのブラインドティスティングとはちょっと違って
茶の湯が盛んだった武家の時代では、ギャンブル性がとても高い
所謂「あてもの」、これで家が傾いたような御武家様も多かったとか…
カブキ、ですね…これまた候。

競技には、花鳥風月客という五種類のお茶が準備されます。
楽しいイベント的にやるなら玄米茶やらほうじ茶を入れて当てやすくするようですが
真正面からお茶と向える場にとのご店主の熱意と
真っ向から向き合いたい参加者の希望で
セミプロ仕様?というか、プロの方が研鑽を積むのに近い形式で参加させていただけるという…
ということで、京都産と八女産の玉露を2種、京都と静岡と鹿児島の煎茶を3種の合計5種が順不同で出てくるので飲んでみて種類を当て、それを3回繰り返し、5x3回での合計点を15点満点で競います。
満点だと皆点(かいてん)、0点だと「ちょっと」といわれます。

まず最初に茶葉だけが回ってきます。
a0118723_0401934.jpg


その茶葉を思いっきり鷲掴みにして、寒い時にするように息をハーっと吹きかけ
上がってくる香りを感じ記憶します。
a0118723_0421240.jpg


この香りと後にでてくるお茶の香りが同じとのこと…
理屈は分かるのですが、そう簡単にはいきません(笑)
何とか少しでもと鼻を近づけて匂いすぎ、鼻の周りがお茶っぱまみれ…(笑)
その香りの記憶を元に、一煎目を飲みます。
a0118723_0392075.jpg


五種類五杯のお茶が順番に出てきます。
色、香りからこれと思うお茶の種類に割り当てられた札を札入れに投じます。
a0118723_0385043.jpg

a0118723_0405774.jpg


さっきあんなに香りをかいだはずなのに、とたんにワカラン…(笑)
この辺で軌道修正して、感じたことをメモメモ…(がこのメモであとでワナにはまる(笑))
これやろ!と思って札を入れても、後で回ってきたお茶を飲んだ瞬間
しまった!さっき入れた札がこっちやん、札返してーー
ってのが多くて、他の参加者の皆さんと一同
ため息と「間違えた…」的ヒトリゴトが増えます(笑)
一煎目の5種が出てきた段階で答え合わせ。飲んでるときは真剣そのものなのに
この答えあわせが始まると、「やった」とか「えーーー」とか悲喜こもごもで一挙にワイワイ。
私はこれで三回目の挑戦やってのに、カラッキシあたりません(笑)
ここ軌道修正して、「あああの味がこのお茶なんやなー」って覚えなおす。
で、二煎目がスタート。
一煎目は五杯全部飲めますが、二煎目からは四杯目が出て、
その札を入れれば残りの札は自動的に決まってしまうので
五杯目は飲めないという仕組み、
四杯目の札を入れたら、続いて最後の札を入れます。
悔しさアップの演出、うぬーーー(笑)
みんな真剣さがアップしていて、当てたろう!って気合がとてつもなくて、
あっち?こっち?と迷う迷う(笑)
策を弄しすぎて、策にハマる…
で、やっぱり「しまった…あの札もう入れたわー」となるわけです(笑)
昔の人もこうだったんでしょうね…古今東西、人って変わらん(笑)

でも一応一巡してちょっと分かったので、二煎目は少し正解率アップ。
いよいよ三煎目、迷うけど、ちょっとだけ分かってきた…気がする…
三杯目まで飲んだ段階で、煎茶の札を二枚残してました
両方苦い感じのお茶だし、難しいのを残しちゃったなぁと。
四杯目が目の前に、香ってみて、一口飲んだ時感じたことが
一杯目でとった感想メモと一致するところがあったんです!
「でもホンマかな?」って迷いはあるけど、どうせ決定打ないし、
この際メモに従おうと、その決断は正しかったのですが
感想の横に書いてあった「客」の札を入れたところ
実はその時の正解は「月」で、答えを訂正するのを忘れたんです…
そこの答えを正しく書き直していたら正解だったんですよ、実は。
で、最初の三個の札が正解だったので、全問正解だったんです。
あいたた…
ということで、初めての皆点(かいてん:5点満点のこと)は逃しましたが
皆点に近寄ったってのが嬉しかったです(^-^)
前回より順位を上げて、今回はななんと三位入賞!
伝説の孫右衛門のほんず抹茶石鹸が当たりました!
a0118723_0434155.jpg


これ、ホントにすごい石鹸らしく、スベッスベになるらしい。
今の石鹸がなくなったら使う、楽しみです(^-^)

今回も素晴らしい会を催してくださった孫右ヱ門ご店主
そして会場の井筒安ご当主、本当にありがとうございました。
[PR]

# by miyumayu27 | 2014-03-04 06:00 | お茶の時間

For You To You   

私は料理は上手なほうじゃないけど

食べるのもマニアじゃないけど

人に何かを作ってあげるのが嬉しいし
人に何かメニューやらお薦めしたり
食材や美味しいお店を紹介したり

とにかく喜んでもらえることが、なによりの私のご馳走
誰かの美味しいの顔が、私のメインディッシュ

For YouとかTo Youから、私の食が始まる。
[PR]

# by miyumayu27 | 2014-03-03 21:29 | 日々のこと

おなじ くせ   

考えすぎてやりすぎたり
入れ過ぎたり、入れ忘れたり

省きすぎて間が抜けてたり
微妙に盛りすぎて、一体全体何を目指してるか分かんなかったり

料理にやりがちな失敗と
何かを伝えようとする、コミュニケーションでの失敗と

自分がやっちゃうことの
系統は似てるような、そんな気がふとした。

料理もコミュニケーションだもんね
[PR]

# by miyumayu27 | 2014-02-28 20:00 | お料理のこと