<   2013年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

シアワセなサンド   

何度も書いてますが
ドーンとデッカイドイツパンをカシカシとスライスしたり
ドイツの朝食用丸パンを、スパーッとナイフで二つに割って
(ドイツに暮らすと大体皆できるようになる、「芸」の一つ
が、原理は一緒だろうと細長いパンを同じように切ろうとして失敗する(笑))
スライスして軽く焼き戻して、バター塗って以上ってのが
実は一番好きというか、気がつくとそんな単純な食べ方ばかりしてる。
パンそのものの味が必要なので、
いたってシンプルなパンをシンプルに食べる
美味しいとか、一番とかいう以前の感覚で
シックリくる、ということなのです。パン感覚が納得するというか。
なのですが、陽子さんのレッスンの合間に頂くサンドや
キルシュブリューテでみんなでの試食タイムでサンドを食べると
パンの魅力をあらためて実感するんです。
ああ、パンってまたしても美味しい。新しい次元での実感というか。
さらに一歩、小憎らしい(笑)
ハンバーガーやホットドックのたまらない魅力と言うか、
ハンバーグにパンがポンと添えられてても、そんなにグっとこないのに
ハンバーガーとして挟んであると、なんであんなに魅惑的なのか?
構成パーツとしては一緒なのに…そんな感覚。
スライスしたてのミッシュブロートの、あのなんともいえない
焼きこんだライ麦の香ばしい香り。
いつもだったら、焼いてバターで食べちゃうけど
バターとマスタードをタップリ塗って
レタス敷いて、バジルチキンをササっとのせて
オーブンで低温で焼き上げたお野菜を彩りよく
最後にバルサミコソースと黒コショウ。
a0118723_1751219.jpg

もう至高、美味しい以外の言葉がない。
陽子さんのところで前に頂いたローストビーフサンドも陶酔レベルでしたが
両サンド拮抗…一度に両方食べれたら、死ぬかも…(笑)

朝、目が覚めると、部屋の中にかすかに昨日焼いたミッシュの香りがする。
a0118723_17515948.jpg

ドイツに帰ったようで、シアワセなメザメ。
美味しいパンに導いてくれる、そんな人に出会えている
シアワセなことです。
あらためて、陽子さん、キルシュブリューテの池田さん
ありがとうございます。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-29 20:00 | パンのこと

café keshipearl(カフェ・ケシパール)   

雨上がりのある日
里帰り中の友人ともさんに付き合ってもらって
前から気になっていたカフェへ
a0118723_1141830.jpg

café keshipearl(カフェ・ケシパール)さん
こだわりのチーズケーキがメインのお店です。

エントランス、階段下、一段一段かわいい。
a0118723_1185653.jpg

イッポイッポと、このままいったら店内どんなにカワイイのっ!と
期待が高まります。
イチイチカドカドカワイイので
カメラ女子とか、入るまでに写真撮りまくりではないでしょうか。
a0118723_1155288.jpg

さて、店内。程よく日が入るいい雰囲気。
日があたって明るい窓辺のカウンター部分と、
キッチンやエントランス近くの少しアンバーに暗めの照明。
お好みやその日の気分で、好みの明るさも選べる感じ。
ほぼ満席ながら穏やかに静かな店内。
店主ご夫婦は、映画「しあわせのパン」を思わせる
優しげで、このお店を子供のように愛し育ててるよう。
お昼とカフェを兼ねた感じで伺ったので
本日のキッシュプレートとチーズケーキのセットをオーダー。
a0118723_116635.jpg

キッシュはちょっとプルプル柔らかめのキッシュロレーヌ。
私にはストライクなタイプではなかったですが、美味しいので是非お試しください!

私は基本的にチーズケーキはほとんどベークドしか食べないのですが
この日はすごく惹かれて、珍しくレアチーズ系のを注文。
だってベリーにはレアチーズでしょ?
ふわっとスフレっぽい部分とシットリとレアな部分、そして私の大好きなクラスト(笑)
スフレ食べない私が久しぶりに美味しいと思いました。
a0118723_1161641.jpg

軽すぎずに、スフレとレアの境界ビチっってのではなくて
ちゃんと次の層のレア部分に上手く続いてるんですよね…
それぞれのプレートやカップ、ソーサーなどもこだわっておられて
焼きっぱなしの素朴な感じが、チーズケーキの素朴さとピッタリ。
プレートとケーキとソースで何となく一つの絵になってるというか
私は思わず「天空の城ラピュタ」のラストの方の飛行兵がキツネリスと戯れるシーンを
ふと思い出しました。
なお、ケシパールさんでは、金曜と土曜の夜だけ、夜カフェ営業をされていますが
1人ので来店限定です。ご注意ください。
ひとり静かに、コーヒーと食べたいもの、そして本や書き物
自分だけの空間を、他の誰かと共有する
そこから生まれる独特の静けさと集中力
そういうの大好きです。
ちなみに、普通の営業時間でも、お店の中が賑やかになってくると
「声を落としていただけますか」コールが入ります。
なので、店内はいつも大人しく慎ましく、ヤサシイ感じ。
だから入店したとき、ほぼ満席なのに妙に静かだったんですね…
ということなので、お友だちと沢山溢れんばかりに話したい人は
小声で頑張るか、その日はちょっと他へ(笑)。
a0118723_1163538.jpg

営業日が不規則なこともありますので、お越しの際は是非HPでチェックを
http://www.cafe-keshipearl.com/
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-27 20:00 | カフェのこと

向月庵さん My best 羊モノ   

棹物、所謂羊羹
というか、ようかん。

和菓子全般に著しく夢中ですが、落雁的なお干菓子と羊羹は
実はあまり買わないというか、自分用には買わないアイテムだったり。
ガッツリと甘さがメインですしねぇ。
一個一回で完結するお菓子を好む傾向にあるようで
あまり棹物は買わないのです
(買っても私が一切れ食べる間になくなってるってのが、買わないそもそもの理由だったりする)

でも、それでも過去に感動した羊羹はありまして
例えば吉祥寺の小ざさ
定番ですが、虎屋の「おもかげ」
亀廣永の「したたり」
昔は祇園さんの頃しか買えなかったのに、いつの間にやらいつでも買える…

で、最近ホントに美味しいと思ったのが
松江の向月庵さんの棹物

模様が美しい「老松」と「瑞雲」、は以前頂いたんです。
これがね、ホントに上品で美味しいんです。
不昧公のお膝元、お茶菓子のレベルの高さは相当、
実は多分東京以上、少なくともレベルに対してのコスパがとてもいい。
で、今回買い求めてきたのが、黒糖羊羹。
向月羹
a0118723_2315535.jpg

まぁねぇ、
虎屋のネットリと「黒糖っ!」という非常に強い質感と味わい
黒糖のアクっぽさまで使い切る、荒行のような野太い味わいとは違って
非常にアッサリとして、色も「したたり」に似た感じ。
でもちゃんと黒糖の「芯」は感じる。
楚々として、凛。
こんな美味しいのが、まだまだ眠ってるんです。
きっとここだけじゃなくて、色んなところに。

でも、本当に松江の和菓子のレベルは
地方都市のレベルではないというか、
京都の和菓子の美味しさは全く別格なのですが
向月庵の生菓子、ブラインドしたら京都の老舗のと比べても
本当に遜色ないと思う。
しかも価格が半分程度。
猛烈に感動する美味しさのお菓子ではないかも
嘯月さんの「雪餅」を食べたときや、長久堂さんの「唐衣」
あれを食べた時の衝撃とかはないですが
置いてあるお菓子が全て外れがないのです。
パッケージとかすごく素朴なんだけど、どれも美味しい。
ピーナツのぬれ甘納豆や朝汐、若鮎、最中、
a0118723_2334296.jpg

a0118723_23496.jpg

焼きたてのみたらしだんご、
いつも買う大好きな「のしゆず」
秋の頃の芋ようかん、舟和のより感動した。
マスカットがゴロっと一個入った、ぶどうもち絶品。
本当に毎週末通いたい、そう思う。
こんな和菓子屋さんが近くにあったら、どんなにいいだろう…
と私は思うのです。

My best 棹物、というか羊モノ。
My best 和菓子屋さん
遠いが故かもしれませんが、今のところ、名だたる老舗を押さえ
私の最愛のお店だったりしてます。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-26 20:00 | おかしのこと

ありすぎなの   

うぬぬ
洋菓子屋さん
パン屋さん
素敵なところが
ありすぎなんよーーーー
拝見しているブロガーさんたちの
各地の手作り市後のエントリーとかみてると
クラックラします。
気になるショップは増える一方で、いっこも追いつかへん
ホントマジデ
きりがないです。
追いつくのは体重だけやし(むしろ追い越し気味)
しかししかし
どれもこれも、美味しい
で、
「タマランぐらい美味しい、絶対もう1回買いたい」のと
「美味しかった~(リピありやけど、通りがかってあれば買うぐらいな)」
その差は何やろ??

主観やねんけど、主観だけともいえず…
ってのはヘリクツで
ホントは、全部食べたいだけなの…(笑)
行けない自分が悔しいだけなのだ。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-25 20:00 | おかしのこと

何故かいつも 多くて少ない   

お抹茶のお菓子が好きなので、何か作ろうと
製菓用のを張り切って買ったら、思ってたより分量が多い(笑)
飲んでもいいんだろうけど、一応製菓用で買ったしなぁ…
よく考えてみると、私は抹茶系大好きだけど
我が家は私以外は抹茶のお菓子あまりたべないのです…おほほ。
ということで、ヨーグルトも抹茶だったりしています。

ずっと紅茶を買っている紅茶専門店があるのですが
以前まとめ買いをして(海外発注なので、運賃がねー(笑))
しばらく注文してなかったら、その間に取扱商品とシステムがガラっと変わってて
ずっと紅茶と一緒に注文していたルイボスティーが終売になってました。
オーガニックで美味しかったのに…
日本で買うとまだまだ高い!
が、コストコのさらにBモノで格安で見つけてしまいました。
2箱イッキ買い。当分大丈夫(コストコだから)
でも、若干邪魔(笑)
なんでもガッツリ買うからこんなことになるのよね(笑)

基本的に紅茶はショートリーフ派で、日々飲むのはほぼアッサム系。
久しぶりにロングのセイロンティーを買って飲むと
これまたこれでアッサリして美味しい。
紅茶って、何でこんなに美味しいのかしらん…
って思います。
日本茶も好きなのですが、両方はまると家中茶葉だらけになるので
ちょっと抑え気味に(笑)

今回メインで注文したのは、アッサムベースのハウスブレンドの
カフェイン抜き。
あまりに飲みすぎるので、ちょっと間にこれを挟んで
カフェイン摂取量を控える意味で。
ここのノンカフェは、老舗ならではの極めて穏やかな方法で行われているので安心印
しかも美味しいんです、ホント。
ということで、これまたエイヤと3箱買ってしまった…ので
当分在庫がありそうな…
学習能力は全くありません。

ってなことで、やっぱりお茶まみれ。
肝心なカフェイン摂れる紅茶の存在が希薄です(笑)
これの在庫補充は別途必要なので、そろそろ何とかしなくては。

お茶、沢山あるけど、何故かいつも足りない…

しばらく
自家製ヨーグルトを作ってて
金柑の酵母を育ててて、
植物があれこれ育ってるけど
ミドリなムスメムスコに要らん虫がつかんように見とかなあかんし
朝晩水やらなあかんし。
ブドウも目を離すとボーボーになるし、そろそろ虫が怖い時期やし
で、朝顔やってきて、これがまた水が足らんとうるさいし(笑)
よせばいいのに何故かぬか床育てることになり
不器用で時間の使い方が悪い子なのに、扶養家族が多すぎます(笑)
朝がもうワラワラです。夜ヘタヘタです。

でも、いいぬか床になったので、お漬物は美味しいです。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-24 20:00 | お茶の時間

eskapiさん @京都 多国籍な…   

京都は祇園祭も山鉾巡行が終わって、ひと段落。

少し落ち着いたのかな、街の様子も…
とそんなことはおいといて

先日、私はここしばらくムンムンと行ってみたい度が上昇していた
カフェに行ってきたのです…
eskapiさん

仏光寺通と柳馬場通の当たるあたり
四条通の喧騒から離れて、静かなエリア
名門、cafe marbleの近く。

マンションの1階、街の日常に溶け込んだ一角…
とてもカワイイ小さな看板とお店が迎えてくれます。
a0118723_0544116.jpg


このお店を知るキッカケは、モロッコ料理のjajoukaさん。
お近くにステキなカフェが出来たとfacebookで紹介しておられて。
それから私もおみせをフォローさせていただいて、
ご店主さんがイロイロと作ったり、料理が失敗したこと
お客さんが少ないことなんかも、facebookに正直に綴っておられるのが
正直でね、とても好印象だったのです。
このお店とこの店主さんに会ってみたい!って。
a0118723_0541538.jpg


カラカラっと木の引き戸を開けると、思い描いていた感じがそのまま。
私が到着した時はお客さんがだれもいらっしゃらなくて
ラッキーだったけど、ちょっと驚く(笑)
ということで、お店運に恵まれている私
お客さんが来られるまでがチャンスとばかりにお話し放題、
で、写真も撮っていいと仰ってくださったので
お店の中にもうこれでもかっ!とある、私の好きなもの
アッチコッチと写真撮らせていただきました。

この日、一番食べたいものはガトーバスクだったのですが
お昼食べてなかったので、お腹も空いてる。
メニューみて悩む悩む(笑)

で、多分は晩御飯も食べれないので、考えた結果
フムスとザァルークの2種盛り、ホブスつき
クスクス食べたいけど、それは多分食べすぎ(笑)
で、食後に夢にまで見たガトーバスクを注文することに決定(笑)。

張り切って注文した後、お料理がくるまで
またお話、そして店内見学
お客さんが来られたので、お話は中断。
大人しく着席(笑)

メニューね、カワイイです。読み応えあります。
店主さんのお店への想いがいっぱい詰まってるので
是非隅々まで読んでみてください!

で、それから次々とお客さんがこられたのですが
皆さんイイカンジの方ばかり!お話聞いてても楽しくて、ついつい会話に参加(笑)
fecebookのお友だち申請とかしてしまいました(笑)

満員御礼の瞬間に立ち会えましたー(^-^)

おっと、肝心のお料理。
ジーンわりと優しく入ってくるような味、
ちゃんとエスニックだけど、そんなに押しの強いエスニックじゃなくて
店主さんが大事にしておられる多国籍料理に対しての姿勢が伝わるような
そんな感じの滋味ある味わい。
a0118723_0534415.jpg

フムス、お豆の味がちゃんとするけど、これ見よがしな味付けじゃなくて
やんわり、でも豆の独特の臭みみたいのはちゃんとない!
女子的なカワイさの中で目一杯ニンニクも効いてるのです。
ものすごくエスニックなのを目指してらっしゃる方には少し控えめと思えるかも。
これどうやってつくるんだ…私が作るのと全然違う(当たり前(笑))
で、このザァルーク、これがまた美味しい!
ジックリ煮込んでトロトロとしたナスとトマト
その他お野菜の深くて甘い味、コリアンダー、じわりとスパイス。
暑い夏、食欲がなくても美味しい。コックりしてるけど、あっさりなのです。
これを少し緩めて、スープっぽく食べてもまた美味しいだろうなぁ…
美味しい…倍ぐらい食べたい(笑)
ホントにね、一つ一つ丁寧に作っておられるのがよく分かります。
でね、このホブスがフカっとしてて、塩味がほどよくてとっても美味しい!
これだけ朝ごはんに食べたいです!絶品!

でね、ついについにガトーバスク!
きました!美味しかったー!!
a0118723_053862.jpg

私が食べたくてたまらなかったチェリーが入ってて
プラムも入ってて、台はサックリ、中はムチッとしてるけど、全然重くなくて
3個ぐらい一度に食べれそう…というか食べたい。
(私がこういうのが大好きだからってのじゃないですよ)
しかも、甘さが絶妙なんです、モロ好み。甘すぎないのです。
現地のそのまま!って主張の強い、材料の味バーンってのではなくて、
もっとね、丸みがあってヤサシイ
店主さんの「美味しいのが作りたい」って気持ちが伝わってくる美味しさ。
相性ピッタリとお勧め頂いた濃いコーヒーもまぁバッチリ。
そうなんです、これは紅茶とじゃなくて、コーヒーと食べるお菓子。

待ち合わせのマットさんがいらしてから、わがままでお願いして
すごーく気になってたムスンメンも注文しちゃいました。
a0118723_0524410.jpg

モチっとした薄い生地が重なって出来た、平べったくてモチっ&パリっ
アッサリしたパイというかクロワッサンみたいな感じ。
パイなクレープ?
ともかく不思議な感じ。
この前オミヤゲにもらった、台湾の太陽餅にちょっと似てる。
モチモチしてるのにはがれるんです、すごいでしょ?

思い出すとまた食べたくなる味。

これでまた、京都にいったら立ち寄るところが増えました。
忙しいぞ、中々帰れない(笑)

お店を出た瞬間、ますます京都に住みたくなったのでした。

ご店主のブログはこちら!

ああ、早く行きたい~(^-^)
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-20 00:56 | カフェのこと

たべたいウェーブ   

先日まで、週末の農作業で腱鞘炎のようになったので
炎症を抱えたカラダは
「冷やすから、アイス食えー、アイス食えー。牛乳、ヨーグルト、カルシウム摂れー」
と三日ばかりウルサかったのですが、痛みがなくなるのと同時に
アイス食べたいのはピタっと止みました。

元々あまりアイスとか冷たいもの食べないので、
食べたい時は身体に何かあるときです。

で、昨日はイロイロとバタバタしていたから、晩御飯が少なかったのですが
何かを作って足すという気力がなく、
そのままいつものごとく朝ごはんを食べ
当たり前のごとく昼ごはんの時間…となるのですが、
どうも基本的カロリーが足りなかったらしく
しかも疲れたカラダに動物性たんぱく質が足りなかったらしく
極めて珍しいことに、肉モード。
仕事中にニクニクと肉が浮かびます。
数年に一度あるかないかの状態。
こういうときは、ちゃんと肉を食べてあげないといけません。

単純に「肉類」でいいなら、近所に鶏カラ屋さんがあるけど、
「鶏」は違うらしく…著しく脳がそれに合意してない感じ(笑)
そこでポッコリ浮かんだ「げんこつメンチ」
そう、ローソンの新作、朝ローソンを通りかかった時にチラシが目に入ってたのです。
メンチはいままで肉屋のしか食べたことないのですが、
ともかくどうしても肉が食べたいのと
ちょうどお弁当のおかずの少なさをカバーするにはいい大きさ、
で、ちょっとお弁当のおかずが少ないってのを埋めるのにいいお値段(^-^)
一個150円、しかも店舗でほぼ揚げたて。

一個だけ問題は、事務所から最寄のローソンが微妙に遠いこと。
まぁ、なんにしても何処にも遠いのですが、港湾地区。
なんでメンチカツ一個にこの暑さの中、往復20分?と思いつつ
でも食べたい時に食べておくのがいいと思ってるので
ともかくお昼休みが始まってから出発。

いそいそと到着した私がカウンターで注文すると
店員さんが
「ただいま話題の「げんこつメンチ」ご注文ありがとうございます!」
といいつつ、ケースから出して、温めてくれます(笑)
特製ソースがついて150円、衣サクサク、お肉もそこそこジューシー。
150円ですし、満足です。
身体も摂取カロリー満足レベルだったらしく、午後からピタッと「食べたい病」治りました(笑)

で、そのまま帰ると…オチがありまして
自宅の晩御飯がなんと…
ハンバーグでした、原材料ほぼ一緒、肉!
同じもの食べて暮らしてるから、まぁそんなもんですよね(笑)
いつもご馳走、ありがとうございます。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-14 20:00 | お料理のこと

マチのカオリ   

コーヒー自体は、私の日々の暮らしには必需品ではないけど、
コーヒーが引っ張ってくる文化、環境、雰囲気、そういうものが好き。
紅茶はとにもかくにも必需品。
なので紅茶に伴うものは、当然のごとくすでに生活の中にある。
例えば、イギリスの普通の家庭のお茶の時間にあるようなもの、そういうものが全部好き。
クッキーやバターむんむんサクサクの焼き菓子が好きなのも、そのせい?
ともかくほんのり甘くて、サクサクしてて、バターの香りと卵やナッツの雰囲気がすれば
私はとっても満足でシアワセな気分になれるのだ…ホント。
ロンドンの街を歩いてた時、どこかしら紅茶と濃いベリージャムののったバタークッキーみたいな香りがした。
なんてステキな香りのする街なんだ…
あのときから、思い出の中のロンドンの街はその香り。
私はあまりジャムのせのアイクッキーは食べないんだけど、ね(笑)
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-13 20:00 | お茶の時間

気になる木   

会社の通勤途中に、1本
中々に気になる木があります。

某CMみたいに変わってることも、大きいってこともないです。

ただ、昨今のど根性モノのように
会社のビルの壁と歩道の隙間に必死に生えてるのです。
二年前の冬ぐらいかな…ああこんなところに木が生えてるって。
中々生命力を感じ、存在感があるので
私個人でこっそり「ハリポッターの木」と名付けて
通りがてらみていたのです。
ディズニーじゃなくて、ハリポタなのです。
なんだか、現実に近いファンタジーというか。
ちょっと企み感のあるジャアクな感じがいいんです(笑)

ですが、ある日、
ちょっと大きくなりすぎてたのか
社屋の方にバッツリと切られてて
結構ショックだったことがあります。
いい形と枝ぶりだったのに…
が、木(多分楠木)って逞しいもので
思いっきり切られても、周りからいつの間にやら葉っぱがボーボー。
ちゃんとまたそれなりに大きくなるんです。
そして「大きくなったなー」と思うと
また切られて…ショボーン。

これを繰り返し繰り返し、
今もまた葉っぱがボーボー。
a0118723_17323574.jpg

どこまで大きくなれるかな?
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-11 20:00 | 日々のこと

レスキューはじめました   

ああ、朝から蝉が鳴いてると思ったら
その日に梅雨明け。
さすが蝉、地下にいても梅雨明けが分かるらしい。
毎年感心します、ばっちりタイミングがあってます。

ということで、梅雨が明けるとしばらくの間
このシーズンならではの現象がありまして…
駅からの帰り道、一軒のお宅の生垣の下に、
地下から出てきたばかりの蝉の幼虫が
転げ落ちてもがいていることがよくあります。
梅雨が明けたと思うと、薄暗い帰り道、
足元でなにやらウゴウゴ動いているわけです。
ということで、ウゴウゴを発見すると
携帯で照らして、蝉なことを確認して
(たまに違うことがあるので、要注意)
蝉の場合はサッと拾って、ウチの庭の屋根の下の植木へ。
イイカンジの枝につかまって頂いて、急な雨にあわないように。
朝、木の枝に抜け殻を発見すると、ホッと安心。
レスキュー成功です。
そんな小さなレスキュー隊、今年も活動を昨日スタートしました。
早速1匹救助。
a0118723_17342588.jpg

何となくうれしいです、小さいことだけど。

子供の頃から六甲山系で育った野生児ですので、
昆虫、蛙、サワガニ、ザリガニ、その他モロモロ
捕まえて、飼っていたりしました。
ということで、小さい頃に私の虫かごで短い蝉生を終えた蝉も
数限りなく沢山いるわけで
今大人になって、そのときの罪滅ぼしではないですが
何となく申し訳なかった気持ちをお返ししようと。

ということで、この時期、蝉がウゴウゴしていないかと気になって
ついつい早い時間に帰ろうとしてしまう私でした…(笑)
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-10 20:00 | 日々のこと