<   2013年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧   

永遠の0   

速読とか全くできませんし、本を読む速度はいたって普通です。

本を読むのは好きなので、というか、
本がないと人生やってられないので
読みなれているということだけなのですが。

最近のベストセラーな小説は、行も言葉もホワホワしているので
大抵一日の通勤時間内にホワホワと読んでしまえるので
(約1時間)たまに、「なんか物足らんなぁ」と生意気にも思ってたんですが
ついにきました、たどり着いてしまいました。

百田尚樹の世界。

関西生まれなら「ナイトスクープ」でお馴染み、
なにを今更の感もありありですが、
番組が遺伝子レベルまで馴染んでる分、何となく後回しだったというか
何故今まで手に取ってなかったのか、全くわかりませんが。

ともかくようやくな感じなのです、いまさらなのです。

京極ワールド以来の凶悪な本の厚さ、というか行間の濃さ、言葉の比重
濃く、重く、深い。

好んで巻き込まれ、核心へと降りていきたくなる、
言葉と文章の渦潮。
潮流じゃ軽いんですよね…渦なんです。

この世界、この国、登場人物というか「人間」がお好きなんだろうな…
LOVEとか人類愛とか平べったい平均的なことでなく、
百田さんって、多分人想いの優しい人なんだろうなぁ、と
イロイロなものへの熱い想いが感じられて、
私の気持ちもグッと連れて行かれるんです。
確かに、一般的な小説より、ちょっとジャーナリズムというか、
構成作家さんだな、ということを端々に想起させるような読中感はあります。
フレーム、伝えたいこと、骨格がはっきり判る。
コーナーの区切りのようなね。
百田さんの小説に、「作者が何を伝えたいのか、述べなさい」なんて
国語の質問は無用に思えます。
だってとっても判りやすいから。
書こうとしたことを徹底的に取材した、緻密な取材力、
それもともかく対象への愛情があってのこと
だから泣けるんでしょうね、多分。

風の中のマリア
錨を上げよ
ボックス

ときて

ついに本命
永遠の0

ホントは先日の旅行の際に持って行きたかったのですが
新神戸の駅で買おうとしたら、この本だけ置いてない(笑)
たのむよー

万を辞して、これから読みます。
でも、外では読みませんよ。
絶対泣くので、危険です(笑)
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-30 20:00 | 本と映画のこと

suicaペン   

基本的に好き嫌いはほとんどないのですが
(諸事情で牡蠣が食べれなくなった以外は)
実は「出されれば全部食べるけど、自分で買い物カゴには入れないもの」
というのはあります。
キライじゃないけど、別に好きではないってことです。
その一つが、夏の風物詩スイカ。
中途半端な味や食感のものにはお金出さないです(笑)
なのですが、似た名前のものは超好き。
それがsuicaペンギン(^-^)
そもそもペンギン好きなのですが、エンペラーペンギンが好き。
王子動物園で一時間ぐらい前で眺めてるぐらい好き。
家で飼えるものなら飼いたいぐらい好き。
あとのペンギンも好きなのですよ。度合いの問題で。
で、ペンギンのキャラものにもあまり興味はないんですが、
suicaペンギンは別格なんです。
で、ウチのsuicaペン、アービィは超カワイイんです。
a0118723_16392313.jpg


東京駅のペンスタにいっても、この子よりカワイイのを見たことは一度もないです!
ということで、写真にあまり写りたがらない私の身代わりに、旅行記に登場しますが
(旅行記を書け!というツッコミはなしで(笑))
ぬいぐるみの追加は要らないまでも、グッズの使えそうなのは欲しいんです…
ということで、最近東京に行く機会に恵まれない私の代わりに
東京の大事な友だち、ともさんが気遣って帰省の時にオミヤゲにくれるんです。
てぬぐい
a0118723_16382914.jpg


かわいいでしょ??
で、仙台の大好きな友だちピンキーさんが、これを観るたびに私を思い出すからと
置いておいてくれたレアグッズ、非売品ですよ、レアです。
a0118723_16381760.jpg


うれしいですよね…グッズがっていうのもありますが
覚えててくれたこと、考えててくれること
私のためにワザワザ、心にジーンときます。
大事に、大事に、
いつもだったら勿体無くて使えないんですが、この間大事なものは使うことに決めました。
なので、感謝して大事に使います!
ふたりとも、ありがとう!
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-29 20:00 | ともだちのこと

gokan   

それぞれの「言葉」の持つ「匂い」、「温度」、
「言葉の語感」というより「言葉の五感」
そういうものを、大事にしたいなと思う
そんな今日この頃。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-28 20:00 | 日々のこと

ことば つづること   

ドイツにいる我が師匠その1から
恒例の小冊子が届きました。

師匠というか、今やドイツのお父さんというか、大兄というか
なんともビッグな存在。

今の会社、色々あるけど、
この仕事をしているから出会えた
この点については本当に感謝している
今や私の人生になくてはならない、素晴らしい人の1人です。
絵に描いたような典型的「ザ・ワーカホリック」だった師匠
一年のほとんどを海外を飛び回って過ごす激烈な生活を、
ご本人曰く「キミが生まれるだいぶん前」からずっと続けてこられ、
アジア的なメンタリティー、気遣い、謙虚さを身につけられた
ドイツ人らしからぬ、でもやっぱりドイツ人な師匠ですが、
一昨年、ようやく引退を決め
比較的ノンビリと暮らしておられる様子。
前からのご趣味だった写真、世界中を仕事で飛びまわっておられた間に
各地で撮られた写真をまとめたご本を自主出版で出されて、
もう一つの趣味である、詩や文章を綴ること
以前から「年金生活になったら、大学で勉強したい」とおっしゃってたので
地元の大学に学生登録、俳句の講義を受けておられて
沢山の詩を綴られている様子。
自作の俳句風の文章と写真を組み合わせて、季節ごとに小冊子にまとめて
送ってくださるのです。
プロの装丁マイスターが一冊一冊手で綴じあわせた装丁。
a0118723_16431541.jpg


シンプルだけどね、美しいんです。
ある意味、とてもドイツ的。
「これ(作業)単価高いんだー」って笑っておられたけど、手に取ると納得(笑)
紙もね、毎回とてもこだわっておられて、手触りも最高。
種類とかわかりませんが、ともかく素敵な紙なのです。
そうお伝えしたら、とても喜んでくださいます。

師匠が俳句を始められた頃、よく「季語」についてお話したものです。
私たちの感じる四季の感覚、その象徴的なもの、季節の風物詩と
ドイツで感じる四季の感覚、シンボル、折々の風物詩
当然ちがいますよね、その感覚と考え方とか
「雨」とか「松」と聞いても、それぞれの国での感じ方、
言葉そのもののもつニュアンス異なるもので、
そういうこともやりとりしているととても楽しいのです。
当たり前だけど、そんなこと考えることなかったから。
師匠がそういうニュアンス、私たち日本人がどういうことを感じて俳句を詠んできたのかを
できるだけ理解して、ドイツ語で俳句の心に近付こうとしておられるのがとてもうれしくて
色んなことをメールでやり取りさせていただいて、私も改めて四季について考えた記憶があります。
今回の冊子も、またシトシトと星の雨が降るような、繊細にイノチを見つめる
とても美しい言葉の連続。
また感想をお伝えするのが楽しみです。
今回はなんと、ビックリプレゼントが追加。
去年ドイツに行った際に、師匠に会いに出かけたのですが
そのとき「初めての体験をしてほしい」という師匠の提案で
サーカスを見に行ったのです。
そのときにセミプロである師匠が撮った写真と私のブレーメンでの観光写真を
なんと小冊子にしてくださってました。
ホントにキレイなアルバムと言うか、ホントに一冊の本になっていて
裏表紙には、私の誕生日が。
よく覚えててくださったなぁ…感激。
素敵な誕生日プレゼントになりました。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-27 20:00 | ドイツのこと

アオイ インク   

万年筆を使うとね、字がきれいに見える気がするけど
字が下手なことも目立つような気がして…
字の個性がでるでしょ、毛筆とはまた違った意味で。

ボールペンや鉛筆は修正テープや消しゴムでチャーっと消せるけど、
万年筆はそうじゃない…こともないけど。
消せない、待ったなしな気がするのです。

今は亡き祖父は、万年筆で教養ある字を書いていた記憶が。
万年筆は、だから特別な存在なのです、尊敬する祖父に常に直結する。
ともかくも特別な存在の万年筆。祖父の形見の万年筆。

昨今、あれこれとブームな文房具。
筆記具も百花繚乱。
万年筆コーナーも賑わっているとか…

書き味とか、そんな手加減感触みたいな微妙で繊細なお話は
「書ければOK]みたな粗雑な私にはわからないというか(笑)
そんなにカリカリと書く環境にないし、しょっちゅうメモ取るほどの複雑な環境にないし。

が、大事な役割を果たす筆記具というか、筆記具の重要ポイントがあって
青いインク
海外の取引先との契約書のサインって青インク指定というか
ボールペンとかペン類、基本色って例えばドイツだと青なのです。
無料で配られるボールペン、日本なら黒、でもドイツなら青。
正本とコピーの区別のためのマナーと言われているようですね…
いまやデータで全部ガンガン書類送るけど、契約はやっぱり手書きだし。

そんなこんな相まって、青いインクといえば、万年筆。
本物を使おうかどうかと考えてたところで、
昨今、ブームで、大手メーカーさんも続々と安価帯の万年筆タイプのペンを出しておられ
テレビのレポート見て気になったので、さっそく1本買ってまいりました。

ペンテルさんのpetit1、200円也。
a0118723_19183045.jpg


小さいけど、ちゃんと万年筆っぽい。
書き味もよいです、なによりインクが出過ぎたりしないし…(笑)
話題のアイテム、やはり黒は売り切れ。でも私の必要な青はあるの。
やっぱりここは日本なんだなー

日本に帰って、インクの色でいつもドイツを思う。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-26 20:00 | ドイツのこと

琥珀流し -6月 梅酒   

ついに
くるりと一周
周りました、琥珀流し。

この爽やかなビジュアルで締めくくれるコト
シアワセに思います。

いつも超行列というか、とにかく待つので
待つのがイヤな私は、朝一番の来店が基本の栖園さん。

今回も楽勝と思って、次の予定の前に朝一、開店10分前に到着したのですが
なななんと…この日に限って前に8人ぐらいいます。
予定がない日なら、それでもへっちゃらなんですが、この日の私は
11時に大宮にいないといけないので、エライことです。
6月はこの日を逃すと京都これないので、今回逃すとまた一年先の宿願成就(大げさ)。
ということで、多分何とかいけるだろうと、入店待ち。
が、まさかの2人組み、順番抜かしで、えらい展開(笑)
私の前にいた団体さんは、とってもオシャレな人たちで
デザイナーさんとか、インテリア関係の雑貨を買い付けたりしている方々のようで
ミラノサローネのお話とかされてました。
が、この日の私にとっては、予定を左右するユユシキソンザイ(笑)
ソワッソワしながら待つこと20分、ようやくやってきました
「私の」琥珀流し

a0118723_19145383.jpg

6月は、梅酒。
涼やかな、水に透ける青梅色。
プリップリのまだまだ新鮮さを感じる、漬け染めのみずみずしい梅。
a0118723_19142425.jpg


微かな梅酒の気配

実際アルコールが入ってるかどうかは判りませんが
微細、はかなくも存在感があり、
解けほどけ、緩みつつののど越しに想いを残す。
ともかくとても美味しいのです。

というか、佇まいが美しい、
ガラス越しの、浴衣姿の女性、そういう甘味。
堪能したいところですが、次が迫ってます。
一周記念、もっと堪能し、感涙し、感傷に浸る予定だったのですが
予定外にタッチアンドゴーに(笑)
さすが私、30分余裕もってたてた予定だったのに
到着したら結局15分前…でも真ん中の前から2列目だったし
皆さんの出足が遅くてラッキー(笑)

次は…多分、8月、ひやしあめだな…
三条のお店で冷やしあめ飲まなくちゃ…
関西の夏ダモノ!
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-25 20:00 | 京都のこと

コウワン   

殺人的に殺伐としたコンクリートなエリア
我が職場、港湾地区。
気がつけば、亡き祖父から私で海運に関わり三代目。
コウワン地区って書いてみると、東南アジアのリゾート風だけど
実はとっても殺風景で、転ぶととても痛いのです(最近転んでないけど)
雨の日の水はけの驚異的な悪さと
晴れの日の凶悪に照りつける日光と
焼けついたアスファルトの道に立ち上る蜃気楼。
通りの向こうに見える、超巨大なDOLEのバナナプリントの大型コンテナ船が
偶然にも東南アジアっぽい。
廃棄放棄された車をぬって、自転車が無秩序に行き交うってのは
なんとなく東南アジアっぽいんですけどね。

殺風景なコンクリートと鉄錆の世界
でも、時折夜半遠くから聞こえる霧笛が日常の音の一部な
港のある街に育った身、
最後はやはりこの港に帰るんだろうなと、自分の来し方行く末を思ったり。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-24 20:00 | おしごとのこと

イレモノ   

頂き物なのですが、
先日、こんなステキナモノを頂戴しました。
a0118723_1534217.jpg

見た感じ、一見ルンバ的フォルム。
頂いた私の感じ、ルンバ的ルルル♪
コレが何かといいますと
タッパー上になってるフタをあけると
スプーンがあって
その中蓋を開けると

その下にはなんと!
スパイスセット(^-^)///////
a0118723_1534677.jpg


インド料理も好きですが、ともかく紅茶が好きな私。
正直、完全に中毒な私。
そんな私のために、なんと、チャイミックスセットを
お土産に下さったわけです。
極めてフレッシュなスパイスを、好みで混ぜて
a0118723_1534996.jpg

オリジナルチャイが出来るわけです!!!!
テンションアゲアゲ!!
カルダモンの新鮮なの、ホントに素敵な香り。
独特の突き抜けるような清涼感が、ホントに際立って
フタを開けた瞬間にカルダモンワールド。
一瞬目の前が日本でなくなるんです、香気で(^-^)
嬉しすぎます、しかもかわいいでしょ、これ。
見れば見るほどよくできてて、気が利いてて
とても実用的。
a0118723_15341279.jpg

このタッパーで、MYカレー用スパイスケースってあったら夢のようだろうな…

ホントに素敵な物をありがとうございます!
私が喜ぶ物をと思って、考えて買ってきてくださったこと
それも含めて、至極至高にうれしいです。
しあわせだ…
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-23 18:00 | 食べること

コグマっ毛とトリマーさん   

ウチのコグマは自家製の毛皮をクリーニングに出して
自分のフードを買って、帰ってきました。
サマーカットという名の、(ほぼ)丸刈りーた。
ビジュアル的に、夏仕様。
a0118723_144422.jpg


毛皮を脱ぐと、「ドッカスパニエル」状になり
イヌ好きの詳しい人以外には「何犬ですか?」と大概聞かれる
そんな犬種不明のうちの子。
元々鼻低いのでトイプードル顔だし(名前も紛らわしいし)
ペラミミ(ペラペラの耳)なんて、ビーグル状に見えるし…

実はウチの子、本体より毛がカワイイとのウワサなので、
しばらくは「いいにおいだけど、微妙にかわいくない」日々となる予定。
カワイクなる=毛が伸びてくる=毛モノくさい(ケモノくさい)。
ボフっとモサっとしてるとカワイイんだけど、クチャーイのです(笑)
両立できないって切ないわ…毎日洗ったら、って言わないでくださいね。
中々手間も時間もかかり、夏なんて数人がかりで汗だくで乾かすんです…
トリマーのみなさま、ホントにお世話になっております。
ご苦労おかけしてます、アリガトウゴザイマス。
アア、小さな家族との暮らしにおける、永遠の矛盾(笑)
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-21 20:00 | こぐまのこと

アメオトコ ハレオンナ   

私の今日の搬入=外作業は終了。
雨は上がっていた間のこと。
これから上司は客先へ外出。
今、外は大雨。

「今日は大丈夫、今は雨降ってないもんねー」と仰ってましたが
私は晴オンナ
上司は雨オトコ
申し訳ございません、私が戻ってきてしまいましたので(笑)
実に見事な線引き。
ご一緒した昨日の関空は、小雨。折衷案(笑)

あとは、残る一つのジンクス
私が朝からレインブーツを履いてきたら
そんなに雨が降らないか、雨が上がる
その伝説が更新されると、お帰りの際には雨が上がっているかと…
部長、ご期待下さい(笑)
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-20 20:00 | おしごとのこと