<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

ふ、わく   

昨日27日、大阪は選挙があったりして
結構賑やかだったのではと思いますが、
私は地味に誕生日を迎えました。
平穏無事に、特に大きなことも何もなく、恙無く(?)過ごせることに
殊のほか贅沢さを覚えた一日でした。

小さい頃は、誕生日は特別な日だと信じてて
何にも起こらなかったりとか、誕生日に限ってツイてなかったりして
落ち込んだり凹んだりしてたけど(笑)、
「今日は誕生日」って日は、自分以外の他の人には特別でもなんでもない普通の一日。
ただの365分の1。
そんなことは至極当たり前で
平穏に過ごせれば、それが何よりだと
年齢を重ねてようやく実感(達観?)。

それでもやっぱり少し特別だと嬉しいものではあります。
自分なりに区切りを作ってみるのもいいかと、
免許の更新に行ってみたり、
髪を切りに行ったり(これは免許の更新のため)、
定期券を買ってみたり(別にまだ期限までは充分あるんですが)、
来年の手帳を買ってみたり、
そんな細々としたことでささやかながら自己満足。

大切な友人のお祝いメッセージによると、イタリアでは「40歳からが大人」みたいな言い方もあるようで、
世間一般に言う「不惑」の考え方って、意外と世界のどこかにもあるもんだなと思います。
「惑」には事欠かない人生だってのは、自分でもよく分かってますが(笑)、
「惑」もワクワクとそのうちできるような、ワクはワクでも「枠」のない自分になれればなと、思ってはいます。

この十年で出会えた人たちは、私の人生の宝物。
折々に支えていただいたこと、本当に感謝しています。
ありがとうございます。
これまで同様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by miyumayu27 | 2011-11-28 13:46 | 日々のこと

あとになって   

昨日OPENの「ナカガワ小麦店」さん
初日、やっぱり早々に完売だったようで
さすがだー、すぐに人気店になっちゃうなー
初めての週末、どうだろうお客様の反応…

と、晴れの空、遠くに思いを馳せる、事務所の私。

さて、

旅先やら、外出先で
何となく目に入ったからとか、ちょっと立ち寄った店でついでに買ってみたとか
そんな時
「よく知らんし、一個だけ買ってみよう」と、試しにちょっとだけ買ったもので
後で食べてビックリ
「美味しいやん!しまった、もっと買っておけばよかったーーー」みたいなもの
ないですか?

そんな大したものではないんですが
先日東北から東京へ高速バスで移動途中、休憩によったサービスエリアで売っていた
「御用邸の月」
ホントに思いっきりお土産物なんですが、これが意外と美味しい。
もちろんお土産の域は出てないんですが、6個入りとか買えばよかった…
「別に那須に遊びに来たわけじゃないし、お土産物やし、一個パックあるから
一個だけ話題づくりに買って帰ろう」って珍しく一個ずつレジで売ってるから
それを買って帰って、家で三つに切って食べると、結構美味しくてですね。
実家の面々にひさしぶりに「箱で買ってくればよかったのに」と言われた、
珍しいオミヤゲものでした。

その手前の福島の国見サービスエリアでは
桃大好きっ子として、サービスエリア限定の
「福島桃ジャムパン」を買いました。
ツブツブと桃の果肉もしっかり入ってて、わりと美味しかったです。
(リピーターには、多分ならないけど、限定にはカラッキシ弱い)
が、よく見ると…賞味期限1ヶ月超。
どうやってこんなに日持ちするのか、(知ってるけど)ちょっと怖い(笑)
考えると、100均に売ってるパンって大体そんな感じ。
ラ○チパッ○とか、ピーナッツバターやジャムはいいとして
普通なら速攻イタむタマゴサラダとかも入ってるのに、あの日持ち…
どうやって、そうなってるのか、と思いつつ、未だ食べたことないのですが
人の知恵と細菌との、飽くなき闘い
それが食品の歴史だったりしてますからね…
ちなみに磐梯桃サイダーも買いました。
友だちのおうちで分けっこしましたが、シュワシュワと普通にサイダーでした(笑)

しかし、どうして何処のサービスエリアにも必ずソフトクリーム売ってて
しかも大体300円が相場に思えるのは、何でだろう…(笑)
[PR]

by miyumayu27 | 2011-11-26 16:01 | おかしのこと

ナカガワ小麦店 open!   

何から書けばいいのか、よく分からない時は
たいてい書きたいことがありすぎるけど
本質としては、ひとつな時だったりする。

本日、私がとても大切に思っている
一軒のパン屋さんが、下鴨神社のそば
加茂みたらし屋さんの筋向いにオープンします。

「ナカガワ小麦店」さん。

パン大好きな私が、自分のブログを始めようと思った
キッカケのひとつが、このお店のオープンの記事を書きたいと思ったこと。
パン屋さんのお名前をエントリーのタイトルに掲げる、その第一号は
「ナカガワ小麦店」さん
しかないなと、思ったことでした。

「ナカガワ小麦店」さんのパンとの出会いは、多分約3年前かな。
叡電「元田中」駅前にある、cafe weekendersさんでのこと。
初めて貴船神社に行ってみようと思った時、帰り道に寄れるいいカフェはないかと
探していたところ、みつけたのがcafe weekenders。
しかも日曜に、限定でパンが買える、なんて素敵なことが書いてある。
そら行くしかないということで、日曜に伺ってみたのが最初。
その日はたしか、ベーグル一個とエピと食パン半分しか買えなかった…
ように記憶しているのですが、その優しい味に「ひとめぼれ」。
その次は12:00の開店すぐにお店へ、ほぼ全種類買って
食べてみてますますオキニイリに。

三回目だったかな、ランチにカスクートサンドを頼んでみると
サーブしてくださったのが、パンを焼いているご本人。
その後少しお話させていただいて(だって職人&作者好き)、
同じ芦屋の名店「ビオ・ブロート」好きなことが判明。
「ああ、この人だから、あの優しい味のベーグルになるんだな」と
ものすごく納得。

パンってね、ホントにお店のカラーもそうだけど、作ってる人の性格も
感情もとってもよく反映するものです。

その後、お礼のメールをさせていただいたりして
来店前に予約をさせていただくことが出来るようになったのが
それでもやっぱり日曜しか手に入らないのは変わらずで
そのうち、weekendersの方とも「早くお店を持てばいいのにね…」と
お話するようになり…

ということで、今年になって「お店を持つことになりました」とお話伺った時は
もう自分の親戚のような喜びよう。
なんでこんなに嬉しいのかは、未だに本人にも不明(笑)。
オープンを今か今かと待ちわびて、
何故か工事の進捗状況をまめまめしくメールで確認(笑)
そして、ようやく今日、オープンの日。

この間オープン前の店舗の見学にお邪魔させていただいた時は、
美味しそうなパンの香ばしい香りと、粉の香りと
新しいお店の木の香りがして、何もかも新しくて
芽を出す前の種のようなパワーに満ちてて
とってもワクワクしました。
ああ、工房をちらっと覗かせていただけばよかった…
と、後で気がつき、今更ちょっと後悔(笑)
次、お客さんがいらっしゃらなかったら聞いてみよう。

多分今頃、朝日が当たるお店は、シャッターもドアも開いて
初めてお店として「息」をして、美味しいパンの香りの風を
下鴨のあたりにフーっと吹かせているんだろうな…
私の大好きなあのパン、このパン
美味しいパンが、一杯並んでるんだろうな…
そんなことを思ってます。
a0118723_16245242.jpg

朝日が似合うパン、だなって。
とにかく爽やかで優しい味なんです。
a0118723_16262985.jpg

a0118723_1626509.jpg

是非皆さんにも食べて欲しい。

もちろん、上には上があります。沢山あります。
激戦区京都ですしね。
これから喜怒哀楽イロイロあるかもしれません。
でも、すでにすごくいいファンが沢山おられるし
素晴らしく素敵で有名な方々も沢山サポーターにおられるし
(私が書くより先にELLE経由有名ブログにお店の話題が出てて、スゴーイ!と感動)
きっと開店後すぐ、予約殺到の人気店になっちゃうんだろうな…
美味しいパンを作ってお客さんに喜んでもらいたい
その情熱と気持ちで、これからもずっと頑張って頂きたい。
a0118723_16252050.jpg

お2人の笑顔と夢を大切にしてもらいたい。
スタートの日に、そんなことを思いました。

お2人のおかげで、夢と情熱を大切にすること
その大切さを、改めて実感できました。
ありがとうございました。

ああ、早くパンを買いに、お客さんになりに行かなくちゃ!

ナカガワ小麦店
〒606-0816
京都市左京区下鴨松ノ木町52-1
075-702-6672
定休日:月&火曜
営業時間:9:30-18:30
(注:現在はweekendersさんでは、もうナカガワさんのパンは販売しておられません。
実店舗のみになります。)
[PR]

by miyumayu27 | 2011-11-25 09:00 | パンのこと

YOKAN COLLECTION   

(予約投稿でお届けします。)

YOKAN
私の好きな「洋館」ではなく
食べる方の「羊羹」

先日、大阪三越伊勢丹にて
「羊羹YOKANコレクション」という、
全国47都道府県の有名店の羊羹を選りすぐって展示販売
というイベントが開催されました。(イベントは21日で終了しています)
伊勢丹 YOKAN COLLECTION
http://osaka.wjr-isetan.co.jp/floorevent/1111yokan/index.html
イベント限定の商品や、期間限定の商品も含め
a0118723_15432166.jpg

a0118723_15434366.jpg

しかもほとんどの商品が試食できるというすごいイベント、会場は大盛況。
a0118723_1544477.jpg

「甘ったるい!」とかいわれがちですが、みなさん、意外と羊羹お好きなんですね…
上質な材料と職人さんの素晴らしい技術、上品な甘さと味わい
私も全部でも試食してみたかったのですが、でもやはりそれなりに甘いわけで
後々考えてみると「アレとアレも食べておけばよかった」というものが数種ありますが
その時は7種類ぐらいでギブアップでした(笑)。

私の今回のイベントでの一番の目的は、
そんな限定品ではなく(まぁ、ちゃんと買ったけど)、
本当の目的は期間中会場に出店されていた
羊羹cafe
カフェ・デルソーレの横山バリスタが来店、
羊羹とコーヒーのコラボを演出されるということで
前々から「和菓子にはコーヒー」と思っていた私は、
これは絶対行かねばと、雨がジャージャーと降る中、弟を引っ張り出し
虎屋の羊羹だけ先に購入して、そのまま真直ぐカフェへ。
会場では、吉祥寺に名店ありと名高い、「小ざさ」の羊羹が食べれる
a0118723_15444454.jpg

(イートインのみ、販売はなし)とあって、テンションは上がります。
リストにある羊羹から2種選べるということだったので、
a0118723_1545472.jpg

私は小さざと新鶴さんの「塩羊羹」
a0118723_15453349.jpg

と、カプチーノのセット
a0118723_15461275.jpg

弟は小ざさと王道の虎屋の「おもかげ」をチョイス。
あと、羊羹を使ったデザートを追加して、羊羹クレープ。
a0118723_1548717.jpg

中には大阪の名店「庵月」さんの羊羹。
前々から「餡と生クリームはあう」とはおもってましたが、
クレーム・パティシエールでもやはり相性はよい。
考えてみると、アンパンの材料が形を変えただけですから
さもありなん!です。
ということで、2杯目のカプチーノを追加で。
a0118723_15494051.jpg

二杯目はサンタさん。

初めての「小ざさ」の羊羹、ホントに美味しかった。
久しぶりに京都以外で美味しい羊羹を食べた感じです。
これは並んででも買う価値あり…今度並ぼう。
が、吉祥寺に早朝って、どうやったら可能なんだ(笑)?

さて、
カフェ・デルソーレでは、弟は以前神戸店におられた時にお世話になった
佐藤バリスタと再会(が一緒の記念写真は撮り忘れるの巻)
私は数年来の念願叶って弟に横山さんのコーヒーを体験させることができ
大満足というか、大感謝でした。
今回も、素晴らしい味わいの一杯と
バリスタの先駆者としてのカフェやコーヒーにまつわる貴重なお話も沢山伺えて
気がつけば1時間半もカウンターにドッチリと座っておりました。

ご馳走様でした。ありがとうございました。
[PR]

by miyumayu27 | 2011-11-24 17:00 | おかしのこと

うさぎやさんの どらやき   

なんでも、予約投稿なんて便利な機能があるらしく
こまめに指定すれば、「毎日15時」みたいなことも可能らしく
ということは、あまり「今」にこだわらなくてもいいのかもとか。

ということで、東京にいた間の短い間のアレコレを
ダイジェストで(笑)

毎回「今度はウチに何買って帰ろうかな」と思うのです、オミヤゲに。
大丸さんなんかに入ってる、定番ウルトラメジャーな土産物は
もうひととおり全部買ってしまってて、目新しいものがない。
新出店としても「絶対そこにしかないもの」であるかというと
必ずしもそうではないのが、困ったことだったりするわけです。
どこかに、似たようなものがあったり、地方発送可だったりね。
恐るべし「おとりよせ」。
年々「見たことない、食べたことない」ものに遭遇するための
難易度がグングン上がります。
ということで、今回狙っていたものは、東京入り初日に固めて購入して
そのままゆうぱっくで発送、という段取りに決定。
ターゲットエリアも固めることにして、スカイツリーを眺めるついでに
浅草、上野、御徒町。

そのうち一店が、上野御徒町にある
「うさぎや」
http://www.ueno-usagiya.jp/

御徒町駅に着いたのは、15:40過ぎ。
16時過ぎたら、その日の焼きは終了なので、予約必須
と本に書いてあったのは覚えてるけど、新しく買ったガイドブックには
何故か御徒町の駅は載っているのに、肝心のお店近辺のエリアが切れてる…
で、私にしては珍しく微妙に場所が分からない(笑)
キャリーも引いてるし、時間もないし、迷うのは厳禁。
東京では駅の出口をひとつ間違うと、ホントにとんでもないことになるのは
東京に何度かくるうちにいやっっっってほど学んだので
ホームの上で御徒町の街並みを見下ろしつつ、お店に電話
が最良の案と判断。で、電話。
(予め行きたい店の電話番号は、こんなこともあろうかと電話帳に登録しておいた)
「今からお店に伺いたいんですが、道が分からなくて。今JRの御徒町駅のホームにいます」
電話に出てくださったのは、とても感じのいい女性で
「説明しやすいトコロからのお電話、ありがとうございます。」
ということで、てきぱきと説明していただき、
こちらも立体地図見ながら確認できてるようなもので
おーし、これで絶対すぐ着くはず

と、お店へ向けて駅を出て、
言われたとおりに百貨店の本館と別館の間を抜け、左折。
「資生堂の美容室を背に立っていただくと筋向いのすぐ前。すぐに分かります」
ということなんだけど、これが意外なことにわからん。
ちょっと待てよ、と眺めてると、確かに筋向いといえば筋向いだけど
随分斜め前方けっこう離れたところに、ポッツンとウサギの人形が軒先に見えた。
ネットで店頭の写真見ておいてよかった…
a0118723_16451798.jpg


ということで、ちょっとドキドキしつつも、何とかたどり着け
「先ほどお電話くださった方ですか?」といわれつつ
(注文の第一声「すいませーん」からして神戸弁なので、すぐばれる)
目的のどら焼きを何とか購入。
自宅用と、私がすぐに食べる用一個。
一個180円です。

店内のベンチに腰掛けさせていただいて、ハムっと一口。
a0118723_16441587.jpg

従来のどら焼きはどら焼きだったのかどうか分からなくなるほど
フッカフカの生地。めちゃめちゃ美味しいです。
a0118723_16443429.jpg

普通のどら焼きだと、ラップでピッチリ包んでしまうこともあって
どこかしら生地も餡子もギュっと締まった感じがして、
「歯で噛んでモグモグ食べる」もので、アンパンの親戚みたいな感じですが、
うさぎやさんのは唇で切れるってのは大げさとしても、
歯が入る感覚があまりないまま、ハフっとハムっと食べれます。
餡子すらもフワっとヤラカイ(柔らかい)。出来立ての成せる魔法。
餡も「イロイロ食べたけど、餡は断然京都」派の私も、甘さ控えめで存分に美味しかったです。
皆さんも買いに行かれる際は、買ってから出来るだけ早く食べることをホントにお勧めします。
それからすぐに発送して、翌日の午後食べた実家の家族も
柔らかくてこれまでのどら焼きで一番美味しかった、とは言ってましたが、
焼きたてでなくっちゃ、あのフワっとの魔法はかかりません。
次回、予定をかなりやりくりしても、また買いに来ようと決心したほど、
ホントに絶対もう一回食べたい。

最後に「お電話で対応してくださった方の説明が分かりやすくて、
すぐに来れました。助かりました。本当に感じが良くて、嬉しかったです」
とお伝えしたら、わざわざ奥から出てきてくださって
女将さんと一緒に見送ってくださいました。
なんというか、古き良き江戸の心意気というか、江戸仕草というか
美味しいどら焼きとともに「江戸っ子好きだなぁ」と思ったひと時でした。

後でみてると、特製のソフトクリームもあったらしい…
直前につまみぐいしたもので、お腹一杯だったので
あまりあれこれ目に入らなくなってました。

全部、次。
また参ります。
ご馳走様でした、ありがとうございました!
[PR]

by miyumayu27 | 2011-11-23 17:00 | おかしのこと

なすび   

なんだかんだと毎日忙しいのかしら。
ウーンとお仕事して、ワーイと楽しくどっか行って食べて、
そのあとスーっとスイッチが切れるので、中々書き残している時間もなし(笑)。

そんな中(?) 先週金曜日、楽しみにしていた
守口にある「なすび」さんにお伺いしました。

この日はコースで予約を入れて頂いていたのですが、
ちょっと遅れ気味にお伺いした私。
でもスタッフさんたちは快い対応、あっという間にお料理も準備してくださって、
お腹ペコペコで参上した私はとってもありがたかったです。

つきだしの真ん中、好物の南蛮漬け
ほんのり温かいのも、とってもポイント高い。
a0118723_141614.jpg


お刺身
カンパチとイカとマグロ。
じんわりと甘味も感じる新鮮さ&滋味深さ、
身がプクっと虹色に光ってます。
a0118723_1416389.jpg


揚げ物
カレイだったかな…多分(笑)
骨までカラッと揚がってて、シッポまで全部完食。
紅葉おろしとポン酢でさっぱりと。
お野菜の素揚げも美味しかった。
小ナスが身がギュっとして、面白い食感だったなぁ。
a0118723_14172413.jpg


お雑煮
中の身は…鯛・・・やったかな(笑)
おモチは関西風の丸餅。
お出汁が美味しかった…
a0118723_14183484.jpg


サラダ
塩昆布がいい仕事します。
サラダに塩昆布、もしくは昆布茶。私も最近はまってます。
a0118723_14175475.jpg


ほうれん草の白和え
普通に美味しい白和えですが、ほんのりした甘味が
箸休めっぽくもあり。でも、倍ぐらい食べたかった。
とはいいつつ、気がついたら食べ終わってて
写真を撮るのを忘れてました(笑)

牛ほほ肉のパイ包み煮込み(と思いますが、名前聞いてなくて)
お肉が柔らかく、しっかり味が…
ホロ&トロで美味しい!
で一緒に煮込んであるおジャガとおナスがもう秀逸に美味しい。
ニンジン入ってたっけかな…ちょっと記憶が薄いです(笑)
で、このパイ生地。自家製ではないとは思いつつ、
ソースとのコンビがやめられんぐらい美味しいなとメリメリめくって食べてました。
a0118723_1419887.jpg


イトヨリのシチリア風煮込み(地中海風って言ってた気もする)
まろやかで美味しいスープ、キッチリほどよく火が通ってホッコリと柔らかな身。
トマトとケイパーの酸味がいいアクセント。
パンをヒタヒタと浸して食べたいと思いました…
リゾットでもいいけど、とにかくあのスープ残すのが勿体ない!
a0118723_14194782.jpg


ご飯とデザートが出る予定だったのですが、時間がなくて、ここで出ることに。
次こそは全部食べるぞー(笑)
壁のお品書きも気になるメニューが目白押しでした。

お料理もどれも美味しかったけど(魚がどれもホントに美味しかった)、
スタッフの皆さん、とっても優しくて丁寧
とっても感じがよくて、居心地のよさも特筆クラスです。
近くにあったら、どんどん通いたい。

人との出会いや繋がりがなければ、知りえなかったかもしれない「なすび」さん。

素敵なお店とまた知り合えました。

ありがとうございました!
[PR]

by miyumayu27 | 2011-11-22 18:30 | お料理のこと

ソーシスデース   

昨日は、楽しみにしていたレッスン日。
大変だった先週一週間、この日を楽しみに頑張りぬいたと言っても
過言ではないわけです。
寝不足の目にしみるような晴天の中、教室へダッシュ。
a0118723_18234463.jpg

一度使ってみたかったソーセージの器具。
なかなか思い切って買えなかったから、初体験。
お肉をつめて、ガチコンガチコン。
a0118723_18242434.jpg

あと10個ぐらい作ってみたかった…ぐらいコレ楽しい。
(でも、機械買うと、たまにしかしないから、場所とって邪魔って言われるな)
ソーセージはスパイシーでプリプリ、軟骨が入ってコリコリもあるし
マチマチさもあって、手作りの愛嬌がたまらない!
a0118723_18245394.jpg

ベッド代わりのレンズマメも美味しかったし、
レバーモリモリのサラダも、ビネグレットの具合が抜群で
a0118723_1825307.jpg

大好きなガルビュールもオカワリ!ってずっと食べていたいほど
あったかい味がして美味しかったし…作る人の愛情がでるなぁ…スープ類。
具が多くて、マメ大好きな私は、ホント今日も大満足。
a0118723_1826577.jpg

プリンも絶妙に美味しいし、もうホント幸せ。
頑張ってよかったなぁ…参加できてよかった。
しかも、Y代さんのパンだけでなくて
a0118723_1827284.jpg

a0118723_18274985.jpg

素晴らしい焼き菓子のオマケ&オミヤゲ付。
なんとも最近、こんなに美味しいお菓子が、
教室にくると普通にもらえる贅沢を知ってしまったので
焼き菓子魔人のくせに、お金を出して普通の焼き菓子を買う勢いが(若干)減りました
贅沢を知ると、いけませんねニンゲン(笑)
[PR]

by miyumayu27 | 2011-11-14 18:27 | お料理のこと

イトシキヒビ   

去年の今頃は、憧れのニューヨークへ向けて
ヒーヒー言って準備していて、

今年は今、旅行明けに頂いた臨時のお仕事で
ヒーヒー言っている。

寝不足で、時間がなくて、ヒーヒーは同じだけど
有り様は全く違う。

去年の今頃から、今まで
「見たいな」と思ってきたもの、「会いたいな」と思っていた人
少しながら会い、見ることができました。
素晴らしすぎて、泣けたなぁ…(笑)

私はずっと、定点的に動かない人であったけれど
今年痛切に感じたのは、人生は一度、人生は短いということ。

別に早死にするとか、そういう予感も願望も全くないけど
正直、明日なんてわかんない。

来年の今頃、今と全く同じポジション、
同じ状態で生きていられる可能性は
ポジティブな意味でも、ネガティブな意味でもなく
キッパリとゼロ。
むしろ全く同じであることがおかしい。
何でもかんでも、進んで、変化していくもんなんだから。

今回の「旅」で、ここ数年ずっと会いたいと願い続けてきた
素晴らしい人たち2人と、やっと会うことができました。

正確にいうと、最愛の友人の1人の「王子」との初対面を含め、3人(^-^)

また人生に「宝物」が増えました。

出会いと友人は、私の宝物
ココロからそう思うし、今回もココロの底からそれを実感しました。

こんな大好きな人たちと、毎日は無理だけど、
ワーワーと、ブワワーっと
何かを動かしたり、何かを作り出したり
何かはわかんないけど
何かができたら、楽しいだろうな…と
ただただイトオシイ時間の合間に
そんなことを感じました。

そうこうしていると、また、私のタカラモノが
そのタカラモノと一緒に、我が第二の故郷から帰ってきます。

愛しい日々が、またはじまるわけで

自分の誕生日である人生の節目まで、もうそんなにないけど
平和に幸せに過ごせればよいなと
そんなことも思ったりします。
[PR]

by miyumayu27 | 2011-11-10 13:03 | ともだちのこと

旅路の果て   

文章を書くのも久しぶりのような、何を書いたらいいのかわからないような
そんな不思議な気分。
一週間で秋田から岩手経由仙台、バスで福島と栃木を縦断して、東京から神戸と、
思えば単純に物理的に意外と移動していて
時差ぼけでなく、土地ボケでなく、何にボケてるんだろう…
純粋にフンワリと、地に足が付いていないというか
空港からの電車に乗りつつ「あれ、毎日乗ってる電車って何分発やったっけ?」と
真剣に日常生活の些細なことをレビューする必要があったり
たった一週間でっせ、あんさん(笑)
適応能力は元々高いのだけど、単純に忘れっぽくなってるし
年齢的に微妙なラインではあるけど(笑)
昨日4日は普通に仕事をこなしてまいりましたが
ともかく何となく現実とマッチングしていない、不思議な感覚と感情。

今回の移動は公私とも思うところあり、
自分がこれまで会いたいのにチャンスがなかった
人、モノ、場所
これら「ミンナ」にこだわりぬいてテーマとターゲットをミニマイズ。
旅での思いはメガマックス、でも書けることは思いのほかミニマックス(笑)
宝物のように大事に楽しみにしていた「ミンナ」との出会い、果たせました。
きっかけをくれた大切な人に、心からの感謝を。

今、外は激しい雨、そして目の前には大量の活字の雨(笑)
外出中は奇跡の一週間晴天続き(しかも暑い)、
東北日本海側でも横断途中の山間山頂部でも奇跡の晴天を確保。
仙台最終日はパラパラと降られたものの、単純移動日だし、
縦断高速バスで晴天を引き連れて、福島、群馬と移動するにつれて晴れ。
到着した東京はピーカン。
新宿で空を見上げて、我ながらさすがの晴れ女っぷり、
あらためてホレボレしました(笑)。
晴れてほしい御旅行には、ぜひ私をお連れくださいませ。
ちなみにナビも得意です(笑)
皆さまのご用命をお待ちしております。
[PR]

by miyumayu27 | 2011-11-05 15:53 | たびのこと