カテゴリ:おかしのこと( 50 )   

オヤツの神様   

ドーナッツといえば
ケーキタイプか、パフタイプか

ホットケーキとパンケーキの違いはなんなのか?

そんなことを疑問に思えるのは
子供の頃に、オヤツの時間や朝ごはんの時間に
オヤツの神様が、何やら作ってくれてたからだと

なんとなく、今朝、思った。

学校から帰ると、オヤツの時間には
アツアツ揚げたてのドーナッツ。
ホットケーキと同じ材料で
ある日はホットケーキ、ある日はドーナツ(笑)

アッツアツのドーナツは、ちょっとカリっとしてて
真っ白のお砂糖がビーッシリとまぶさってて
食べた後の指まで美味しかった。
その原風景があるので、私はケーキドーナツ派。

a0118723_16373926.jpg

http://www.allyou.com/food/treats/easy-after-school-snacks/homemade-donuts

フワフワスフレタイプとかじゃなくて、普通の喫茶店的ホットケーキがいい。

原点はやっぱり、オヤツの神様、母の味。
伝承はできんけど、継承はする。
[PR]

by miyumayu27 | 2014-09-06 16:36 | おかしのこと

Bonny's Bake Shopさん@谷町四丁目   

出会いはいつも、一つの偶然。
がその偶然が起こったキッカケが思い出せない(笑)
全ては色んな連鎖の上に成り立ってる必然が偶然なのだけど…

多分知ってる誰かのブログで紹介されてた人のお店情報だったと思う。
で、セミナーで近くに行くから、最寄のオイシイお店についでに行きたい
そんなことの組み合わせがキッカケ。
で、出会ってしまった…
Bonny's Bake Shopさん
http://bonnysbakeshop.net/
a0118723_0413999.jpg


この夏にオープンしたという、美人姉妹のお店(マジでパッチリオメメの美人です)
最寄り駅は谷町4丁目、位置的には谷町筋とマイドームの間ぐらい。
公園が近くにあったりして、静かな町の合間。
ホントに偶然目にした記事がきっかけで、お邪魔したんですが
食べたくて行ったチェリーパイは売り切れ。がーん。
見る間に顔が曇っていったと思われる私。
前日ぐらいにブログに書いてあった期間限定の丹波栗のマフィン、自信作!って言ってたのも
カウンターに出てなくてショボーンとした私は
おそるおそる「栗のマフィンは売り切れですか?」とお伺いしたら
焼き立てすぎてまだ出せないから冷ましてたところだって!
ということで、焼き立てすぎてアッツアッツなのを袋に入れていただき、
こんなチャンス滅多にないので、公園でハムハムと。
めっちゃおいしーーー
焼き目のところがカリサクっとしてて、まさに好み。
栗の渋川煮も、素晴らしくいい感じの甘さ。
というか、アメリカンスィーツなのに、甘さが素敵っ、モロちょうどいい好みっ!
お昼ガッツリ食べた後で、ちょっと大きいから一挙に食べたら食べすぎなのに、
おいしいのでとめられん。一応2/3食べてかろうじて止まる(笑)
先日の誕生日は、Bonny'sさんの自信作、栗三部作!
条件あれこれ考えると、今年の誕生日に食べたいのは、これだと思ったのです…
栗のモンブラン風パイ、
a0118723_0375217.jpg

モンブラン風カップケーキ、
a0118723_0374761.jpg

そして丹波栗のマフィン!
a0118723_0413348.jpg


もうね、パイ、めっちゃオイシイ!クラストも美味しいけど、カスタードが美味!
モンブランの栗ペースト部分も甘くなくて、超好み!
今年、めっちゃモンブラン食べ歩いてますが、今年ベスト3に入ります!
渋皮煮がある期間中の商品になるらしい、Bonny'sさんの「栗アイテム」
期間中に絶対もう一回食べる!
「ここに行きたい!」と思ったキッカケのチェリーパイはまだ食べてないですよ…実は。
栗のパイを取りに行った時に、初めて目にしました。
でも、その日はもう存分に買っちゃったので、チェリーは買いすぎ…
チェリーがないからって、他にあるものを買うと、それがそれぞれに美味しくて…
しかもメニューが豊富なので、年間商品のチェリーパイにたどり着けない(笑)
次こそは、ちゃんと予約していくぞー

研究熱心なBonny'sさんでは、常に新しいというかものすごい沢山のアイテムが
焼き上がりごとに並ぶので、毎日行っても、数時間おきにいっても
多分新しい出会いがあるように思います(^-^)
お近くを通られる方、ゼヒゼヒお立ち寄りください。

何を買っても外れなしと思います。必ず近い将来人気店、今のうちですよー!
ランチもおすすめですー
a0118723_0412936.jpg

[PR]

by miyumayu27 | 2013-11-30 20:00 | おかしのこと

栗の子@喜久屋さん   

以前からずっと気になっていたけど
「すぐに持って帰って、できるだけ早く食べて」とか
「要冷蔵、取扱注意」とか
なんせ取扱を厳しく言われるらしい・・・
ってなことでこちらの体制が整わず
しかも…遠い・・・ので
昨年の秋には知っていたけど
中々買えずにいた、行けずにいた
喜久屋さん
に満を持して行って参りました。

涼しくなったし、ちゃんと私の予定にあわせて(笑)
a0118723_2363169.jpg

わら天神側、ものすごく素朴な外観のお店。
ビニールの庇が傾いているのもご愛嬌(笑)
外から、名物の一つ「れもん(の葛湯)」の
スキッとしたレモンの香り…いかん、買ってしまいそう・・・
a0118723_2365710.jpg

(この日は甘いもの食べすぎ&買い過ぎなので、予定外のアイテムはガマンの日なのです)
商品名がビシビシ貼ってある古いガラスのサッシ扉をカラカラと開けて、
「すいませーん」と呼ぶと、中から名物お婆ちゃん。
このお婆ちゃんが先代から引継いで炊いてはるのが
ここの看板の餡の味。
誰もが炊ける味じゃないがゆえに、そんなに分量も作れないので
前日までに要予約です。
優しくキリっとした、いかにも和菓子屋さんの方
年季を感じる動き、包装とか全部がシュッシュッと音がする感じ。
そして目的のモノは入口の冷蔵ケースにいてました。
a0118723_2364812.jpg


「栗の子」10個入り1パック1950円です。
餡好き&栗好きにはたまらない
a0118723_2341797.jpg


ホンマに素朴な感じです。
しっかり絞っているように見えて、絶妙にほどける漉し餡。
そしてなんともホクっと柔らかく炊けている、
しかも絶妙な甘さの栗。
歯が入るような入らないような、優しい食感。
くろもじ入れるとシュカっと漉し餡独特の感触があるんだけども
口に入れるとホコっとほどけていく。
おいしー
何個でも食べれそう…

でも、これが和菓子の怖いところ。
作ってると分かるんです、これがナンボほど砂糖使ってるか。
キャー

また危険なアイテムを見つけてしまいました。
幸いなのは…遠いこと(笑)
私の普段の行動エリアからはかなり遠い
が、私の好きなエリア鷹峰への通り道…あぶない…
ともかく、本当に美味しかったです。

そら、もっと衝撃的にオイシイ和菓子もありますが
この「いつも安心」な位置の和菓子が大切なんです。
私にとっては、出町ふたばの豆餅とか、阿闍梨餅がそんな存在。
ということで、「栗の子」
今年のシーズンに行けるかは分かりませんが
多分、いや絶対、また買いに行きます。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-10-22 20:00 | おかしのこと

31の日とクッキーのしょっかん   

ワタクシ筋金入りのクッキーモンスターですので、
画像を集めたウェブアルバム、気がつけば中は焼き菓子ばかり。
スライドショーでは、クッキー、サブレ、ガレット、タルト…至福。
 
ってなことで、例えばアイスクリームやジェラート頼むときも、
シングルでもダブルでも、無意識に「なんとかクッキー」みたいなフレーバーをえらぶので
いつまでたっても新しいフレーバーにたどり着けないです(笑)
クッキーアンドクリームなんて、基本オレオなんで味一緒やんって思うんですが。
先日、月末恒例「31日は31アイスの日」につられて久しぶりに店内に。
いつものクッキーアンドクリームを全精神力を結集して見ない振りして
期間限定のフレーバーをミニのダブルで頼みました。
チョコチップクッキードー&ホールインワン
a0118723_12244672.jpg


「ホールインワン」は、大好きな抹茶アイスにホワイトチョコとこれまたクッキー入り。
これはとても当たり!
が、「チョコチップクッキードー」は久しぶりに微妙にハズレ。
クッキーと書いてあるのに、サクサク感がゼロでとても寂しかった。
そう、名前が「クッキー」じゃなくて「クッキードー」、焼く前やん?ってことです。

クッキーと書いてあれば、とりあえず食べてみるという習性ですが
それでもそれなりに好みというか、微妙な順列はありまして
サクサクザクザクしてるのがより好き、ナッツ入ってるとなお好き。
シットリしているのも好きだけど、購入は圧倒的にサブレ系の焼き込みが強いもの。
タルトだって、クラストは絶対サクサク、むしろアメリカンっぽくガリっとしててもいい。
ショートブレッドも好きですが、シットリ食感が中途半端なので、
そういえば余り最近食べてない。素朴な焼きすぎぐらいなのが
カントリーマーム系のクッキーも、購入回数少ない&自分では作らない。

ということは、私はクッキーが好きというか、ザクザクしたタベモノが好き
カリカリサクサクしたものが好き
ということなのかしら。
アイシングとか、トッピングとかない
出来る限りシンプルなもの

食感と方向性がハッキリしている
シュッとしたシンプルなタベモノ
モチモノ同様、食べるものでもそういうのがすきなんだと
改めて最近実感してます。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-09-04 20:00 | おかしのこと

年に一度の「行者餅」@柏屋光貞さん   

毎年、祇園祭の頃になると何か特別なことをと思うのですが、
京都に住んでないわたしがそんな差し出がましく
特に大胆なこと…できない・・・(笑)
そんな私のささやかな今年初
祇園祭の宵山の日しか発売しないという「行者餅」
東山安井、建仁寺近くの柏屋光貞さんの銘菓
ご当主が毎年修験道により山にこもって身を清め
作業場も潔斎をされてから、無病息災の願いをこめておつくりになられる
まさに霊菓です。
去年初めてその名前を聞いたのですが、
宵山に買いに行けない日程だったので、諦めてたのです…
実際に食べられた方の好みやコメントも千差万別
好みがサックリ分かれるような感じ。
が、お好きな方は毎年食べたくてたまらない、クセになる味だそう。
実際に食べれるのが年に一回一日だけですから。
今年は何とか手に入りましたので、食べるまでワクワク。
a0118723_14434129.jpg

a0118723_1444350.jpg


山椒風味のトロリとした白味噌ベースの餡を
柔らかな求肥でくるみ、それを薄めに焼いた生地で包んだもの。
a0118723_14435388.jpg

山椒風味の白餡?というなんとも未知数な
柔らかくムッチリとしたクレープ生地のような上品な食感。
餡と今にも一体になりそうな、ギリギリの柔らかさの求肥。
そして中の山椒風味の白味噌餡。
本当に初めて食べる感覚。濃厚でトロっと甘い白味噌の餡
それをスキーーっと引き締める清涼感のある山椒の風味。
a0118723_14441013.jpg


全てがトロトロモッチリと柔らかいのに、この山椒でカチっと枠組みが生まれる。
すごいです。
甘じょっぱいのではなく、甘香味なんです。
最初食べたときは、甘いのに甘くないというか、清涼感で引き戻される感じに
違和感あったのですが、一個食べると「アリ!」。
そして二個食べると、もう病みつきです。
母も「もう一個食べてもいい」と言ってましたが、弟は全然ダメらしいです。
他にも美味しい和菓子は沢山あって、まだまだあるのですが
もう来年の宵山が待ち遠しい、そんな銘菓でした。
ゴチソウサマでした、また来年。
このお菓子に込められた思いによって、元気に行者餅に再会したいです。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-08-13 20:00 | おかしのこと

向月庵さん My best 羊モノ   

棹物、所謂羊羹
というか、ようかん。

和菓子全般に著しく夢中ですが、落雁的なお干菓子と羊羹は
実はあまり買わないというか、自分用には買わないアイテムだったり。
ガッツリと甘さがメインですしねぇ。
一個一回で完結するお菓子を好む傾向にあるようで
あまり棹物は買わないのです
(買っても私が一切れ食べる間になくなってるってのが、買わないそもそもの理由だったりする)

でも、それでも過去に感動した羊羹はありまして
例えば吉祥寺の小ざさ
定番ですが、虎屋の「おもかげ」
亀廣永の「したたり」
昔は祇園さんの頃しか買えなかったのに、いつの間にやらいつでも買える…

で、最近ホントに美味しいと思ったのが
松江の向月庵さんの棹物

模様が美しい「老松」と「瑞雲」、は以前頂いたんです。
これがね、ホントに上品で美味しいんです。
不昧公のお膝元、お茶菓子のレベルの高さは相当、
実は多分東京以上、少なくともレベルに対してのコスパがとてもいい。
で、今回買い求めてきたのが、黒糖羊羹。
向月羹
a0118723_2315535.jpg

まぁねぇ、
虎屋のネットリと「黒糖っ!」という非常に強い質感と味わい
黒糖のアクっぽさまで使い切る、荒行のような野太い味わいとは違って
非常にアッサリとして、色も「したたり」に似た感じ。
でもちゃんと黒糖の「芯」は感じる。
楚々として、凛。
こんな美味しいのが、まだまだ眠ってるんです。
きっとここだけじゃなくて、色んなところに。

でも、本当に松江の和菓子のレベルは
地方都市のレベルではないというか、
京都の和菓子の美味しさは全く別格なのですが
向月庵の生菓子、ブラインドしたら京都の老舗のと比べても
本当に遜色ないと思う。
しかも価格が半分程度。
猛烈に感動する美味しさのお菓子ではないかも
嘯月さんの「雪餅」を食べたときや、長久堂さんの「唐衣」
あれを食べた時の衝撃とかはないですが
置いてあるお菓子が全て外れがないのです。
パッケージとかすごく素朴なんだけど、どれも美味しい。
ピーナツのぬれ甘納豆や朝汐、若鮎、最中、
a0118723_2334296.jpg

a0118723_23496.jpg

焼きたてのみたらしだんご、
いつも買う大好きな「のしゆず」
秋の頃の芋ようかん、舟和のより感動した。
マスカットがゴロっと一個入った、ぶどうもち絶品。
本当に毎週末通いたい、そう思う。
こんな和菓子屋さんが近くにあったら、どんなにいいだろう…
と私は思うのです。

My best 棹物、というか羊モノ。
My best 和菓子屋さん
遠いが故かもしれませんが、今のところ、名だたる老舗を押さえ
私の最愛のお店だったりしてます。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-26 20:00 | おかしのこと

ありすぎなの   

うぬぬ
洋菓子屋さん
パン屋さん
素敵なところが
ありすぎなんよーーーー
拝見しているブロガーさんたちの
各地の手作り市後のエントリーとかみてると
クラックラします。
気になるショップは増える一方で、いっこも追いつかへん
ホントマジデ
きりがないです。
追いつくのは体重だけやし(むしろ追い越し気味)
しかししかし
どれもこれも、美味しい
で、
「タマランぐらい美味しい、絶対もう1回買いたい」のと
「美味しかった~(リピありやけど、通りがかってあれば買うぐらいな)」
その差は何やろ??

主観やねんけど、主観だけともいえず…
ってのはヘリクツで
ホントは、全部食べたいだけなの…(笑)
行けない自分が悔しいだけなのだ。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-25 20:00 | おかしのこと

ヨックモック   

すんごい久しぶりに頂きました
ヨックモックの「シガール」
そうそう、「シガール」って名前だったのです。
ヨックモックの「ヨックモック」って名前やと長い間思ってました(笑)
というか、母親が「ヨクモック」って言ってたので
ヨックモックじゃなくて、ヨクモックやと思ってたし(笑)
http://www.yokumoku.co.jp/products/cigare.html
昔は、差し入れやおもたせで頂くといえば、
これか本高砂屋の「エコルセ」
もしくはアンリ(シャルパンティエ)のマドレーヌかフィナンシェ
ああ懐かしい、最近食べてない…
以前、某料理雑誌で、マンダリンオリエンタル東京のGMの方が
「海外に誇れる銘菓、お土産としても喜ばれるので持参率が高い」というコメントを寄せておられて
妙に納得というか感動というか、懐かしい知り合いが褒められている感じで、嬉しかった記憶があり
その後しばらくヨックモック買ってた気がします。
季節限定のものとか、最近はバリエーションも多くて、しかも美味しいんですよね…
たまに食べると、とても美味しい。
ヨックモックのシガール
私の洋菓子的な心のふるさと、の一つ。
あとの私のベーシックといえば、
ケーニヒスクローネの「クローネ」、
本高砂屋「エコルセ」と「ゴーフル」、
ユーハイムの「フランクフルター・クランツ」、
近所のケーキ屋さんの「レモンケーキ」
フロインドリーブの「大ミミ」、
宝塚ホテルの「ケーキドーナッツ」
似たようなお菓子は、心のどこかでこの辺のお菓子の残すイメージに
集約されているような…
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-12 20:00 | おかしのこと

レシピ本   

ふと思うに、
本を見て、料理を作ることって、あまりないなって
もっぱらネットからレシピ拾ってくるか、雑誌の切り抜きとか
あとは適当に自分でアレンジ。
そこのけてきとう、いちごいちえ
チャレンジャー、アドベンチャー
あとでレシピを再現できる人を、心から尊敬します。
お菓子やらパンは、そういえば本をみて作る。
マジメに、作ります。
あまりアマイのが好きじゃないので、砂糖の量は結構減らしちゃうけど
基本的に本か習ってきたレシピのまんま。
経験値の問題かしらね。
だからかしら、元々焼き菓子とパンが好きなのもありますが
お菓子とパンのレシピ本、大好き。
コレクターのように買っていた時期もあり
海外でも凶悪に重いレシピ本を買ってしまいます。
古くなってもなかなか捨てられないのです(笑)
そんな大好きなお菓子のレシピ本、新しい子
頂いちゃいました〜るる
何を作ろうかな…
[PR]

by miyumayu27 | 2013-05-28 20:00 | おかしのこと

琥珀流し 4月5月   

気がつけば時は流れて、もう五月も半ば。
ヘンに涼しい春だったので、季節感もよく分からないまま
何となく初夏な雰囲気。
桜が咲き始めると、そわそわそわ。
それは真摯に桜そのものを求めているから
と同時に
桜色のお菓子に呼ばれるから。
とはいいつつ、イチゴのお菓子でも書いたとおり
桜のお菓子って言われましても
桜そのものにそれほどの香りがあるわけでもなく
朝か夕にそよそよと風に運ばれて控えめに香りがするもの。
桜の香りって言われて、すぐに「こんな香り」って思い出せる環境にいる人もすくないかと。
おそらく一般的に思い浮かべられる桜の香りって、
桜餅の香りじゃないかなと思うのです。
ということで、桜ロールやら桜クッキーやら桜マカロン的なものには
さほど興味がなく(だって香料&抽出物メインだし)
もっぱら桜餅
そして、そう、4月
琥珀流しの一年が始まる月、幕開けに相応しい桜蜜の琥珀流し
a0118723_15412628.jpg

桜餅の桜の葉っぱだって今年生えた葉っぱではないし、
桜蜜だってそら抽出物だけども、
この二種は私にとっては特別なのです、春の使者なお菓子。
フルフルホロホロと解け崩れてしまうような、絶妙の柔らかさの寒天。
栖園さんでは「腰抜け寒天」と呼んでおられるようですが、
月々の季節を閉じ込めた蜜と一緒に金色の匙で
ツルンと口に掬いいれると
カタチはあっという間にほどけて、微かな食感と一緒に
スルスルと喉をすり抜けていく。
このなんともいえない、絶妙の具合。
ああ、日本人でよかったと思います。
5月は抹茶小豆。新茶の季節です。
a0118723_15392839.jpg


琥珀流しファンですが、全種類何度でも食べたいってことでもなく(笑)
来月の6月、梅酒蜜でいよいよ一周コンプリートとなります。
ほぼ一周コンプリートしてみて、リピートしてもいいなと思うのは
4月桜蜜
8月ひやしあめ
9月ぶどう
12月黒豆
ともかくともかく、6月、来月の梅酒蜜が楽しみです。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-05-21 20:00 | おかしのこと