考えるア(タ)シ   

いろんなことをかなり小癪に考える…クセがあり
どうでもいいようなことをアーデモナイコーデモナイと考えて
「そんなに考えんでも…」といわれると
「そんなに考えているだろうか…」とか
「考えなくていい」といわれたことを「考える」
が、決して結論が「コレ」と出るわけではなく
大抵は「考える」ことに飽きて、厄年あけたようなイキオイで
悩んでたことの意味すら分からなくなる…
ということで、「考え事」の帰着点はいつも
「ケ・セラ・セラ」
モノゴトは、「なる」ことは「なるようになる」。
考えようと考えまいと、そう。
「ならない」ことは、どないしたって「ならない」
考えようと考えまいと、そう。そうなのです。
とりあえず、納得するまで考えないと動けない性質なので
今日も私は、やっぱり考える。
[PR]

by miyumayu27 | 2014-02-25 13:17 | 日々のこと

<< デビュー 2014 >>