向月庵さん My best 羊モノ   

棹物、所謂羊羹
というか、ようかん。

和菓子全般に著しく夢中ですが、落雁的なお干菓子と羊羹は
実はあまり買わないというか、自分用には買わないアイテムだったり。
ガッツリと甘さがメインですしねぇ。
一個一回で完結するお菓子を好む傾向にあるようで
あまり棹物は買わないのです
(買っても私が一切れ食べる間になくなってるってのが、買わないそもそもの理由だったりする)

でも、それでも過去に感動した羊羹はありまして
例えば吉祥寺の小ざさ
定番ですが、虎屋の「おもかげ」
亀廣永の「したたり」
昔は祇園さんの頃しか買えなかったのに、いつの間にやらいつでも買える…

で、最近ホントに美味しいと思ったのが
松江の向月庵さんの棹物

模様が美しい「老松」と「瑞雲」、は以前頂いたんです。
これがね、ホントに上品で美味しいんです。
不昧公のお膝元、お茶菓子のレベルの高さは相当、
実は多分東京以上、少なくともレベルに対してのコスパがとてもいい。
で、今回買い求めてきたのが、黒糖羊羹。
向月羹
a0118723_2315535.jpg

まぁねぇ、
虎屋のネットリと「黒糖っ!」という非常に強い質感と味わい
黒糖のアクっぽさまで使い切る、荒行のような野太い味わいとは違って
非常にアッサリとして、色も「したたり」に似た感じ。
でもちゃんと黒糖の「芯」は感じる。
楚々として、凛。
こんな美味しいのが、まだまだ眠ってるんです。
きっとここだけじゃなくて、色んなところに。

でも、本当に松江の和菓子のレベルは
地方都市のレベルではないというか、
京都の和菓子の美味しさは全く別格なのですが
向月庵の生菓子、ブラインドしたら京都の老舗のと比べても
本当に遜色ないと思う。
しかも価格が半分程度。
猛烈に感動する美味しさのお菓子ではないかも
嘯月さんの「雪餅」を食べたときや、長久堂さんの「唐衣」
あれを食べた時の衝撃とかはないですが
置いてあるお菓子が全て外れがないのです。
パッケージとかすごく素朴なんだけど、どれも美味しい。
ピーナツのぬれ甘納豆や朝汐、若鮎、最中、
a0118723_2334296.jpg

a0118723_23496.jpg

焼きたてのみたらしだんご、
いつも買う大好きな「のしゆず」
秋の頃の芋ようかん、舟和のより感動した。
マスカットがゴロっと一個入った、ぶどうもち絶品。
本当に毎週末通いたい、そう思う。
こんな和菓子屋さんが近くにあったら、どんなにいいだろう…
と私は思うのです。

My best 棹物、というか羊モノ。
My best 和菓子屋さん
遠いが故かもしれませんが、今のところ、名だたる老舗を押さえ
私の最愛のお店だったりしてます。
[PR]

by miyumayu27 | 2013-07-26 20:00 | おかしのこと

<< café keshipearl... ありすぎなの >>