琥珀流し -6月 梅酒   

ついに
くるりと一周
周りました、琥珀流し。

この爽やかなビジュアルで締めくくれるコト
シアワセに思います。

いつも超行列というか、とにかく待つので
待つのがイヤな私は、朝一番の来店が基本の栖園さん。

今回も楽勝と思って、次の予定の前に朝一、開店10分前に到着したのですが
なななんと…この日に限って前に8人ぐらいいます。
予定がない日なら、それでもへっちゃらなんですが、この日の私は
11時に大宮にいないといけないので、エライことです。
6月はこの日を逃すと京都これないので、今回逃すとまた一年先の宿願成就(大げさ)。
ということで、多分何とかいけるだろうと、入店待ち。
が、まさかの2人組み、順番抜かしで、えらい展開(笑)
私の前にいた団体さんは、とってもオシャレな人たちで
デザイナーさんとか、インテリア関係の雑貨を買い付けたりしている方々のようで
ミラノサローネのお話とかされてました。
が、この日の私にとっては、予定を左右するユユシキソンザイ(笑)
ソワッソワしながら待つこと20分、ようやくやってきました
「私の」琥珀流し

a0118723_19145383.jpg

6月は、梅酒。
涼やかな、水に透ける青梅色。
プリップリのまだまだ新鮮さを感じる、漬け染めのみずみずしい梅。
a0118723_19142425.jpg


微かな梅酒の気配

実際アルコールが入ってるかどうかは判りませんが
微細、はかなくも存在感があり、
解けほどけ、緩みつつののど越しに想いを残す。
ともかくとても美味しいのです。

というか、佇まいが美しい、
ガラス越しの、浴衣姿の女性、そういう甘味。
堪能したいところですが、次が迫ってます。
一周記念、もっと堪能し、感涙し、感傷に浸る予定だったのですが
予定外にタッチアンドゴーに(笑)
さすが私、30分余裕もってたてた予定だったのに
到着したら結局15分前…でも真ん中の前から2列目だったし
皆さんの出足が遅くてラッキー(笑)

次は…多分、8月、ひやしあめだな…
三条のお店で冷やしあめ飲まなくちゃ…
関西の夏ダモノ!
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-25 20:00 | 京都のこと

<< アオイ インク コウワン >>