ヨックモック   

すんごい久しぶりに頂きました
ヨックモックの「シガール」
そうそう、「シガール」って名前だったのです。
ヨックモックの「ヨックモック」って名前やと長い間思ってました(笑)
というか、母親が「ヨクモック」って言ってたので
ヨックモックじゃなくて、ヨクモックやと思ってたし(笑)
http://www.yokumoku.co.jp/products/cigare.html
昔は、差し入れやおもたせで頂くといえば、
これか本高砂屋の「エコルセ」
もしくはアンリ(シャルパンティエ)のマドレーヌかフィナンシェ
ああ懐かしい、最近食べてない…
以前、某料理雑誌で、マンダリンオリエンタル東京のGMの方が
「海外に誇れる銘菓、お土産としても喜ばれるので持参率が高い」というコメントを寄せておられて
妙に納得というか感動というか、懐かしい知り合いが褒められている感じで、嬉しかった記憶があり
その後しばらくヨックモック買ってた気がします。
季節限定のものとか、最近はバリエーションも多くて、しかも美味しいんですよね…
たまに食べると、とても美味しい。
ヨックモックのシガール
私の洋菓子的な心のふるさと、の一つ。
あとの私のベーシックといえば、
ケーニヒスクローネの「クローネ」、
本高砂屋「エコルセ」と「ゴーフル」、
ユーハイムの「フランクフルター・クランツ」、
近所のケーキ屋さんの「レモンケーキ」
フロインドリーブの「大ミミ」、
宝塚ホテルの「ケーキドーナッツ」
似たようなお菓子は、心のどこかでこの辺のお菓子の残すイメージに
集約されているような…
[PR]

by miyumayu27 | 2013-06-12 20:00 | おかしのこと

<< 季節のお仕事-らっきょ シンフォニー >>