ミタイケン と フジユウ   

土曜に手術を受けて、お迎えに来て頂いて
(りんりんさんは命の恩人じゃ)
それから阪急電車でゴトンゴトン。
周りに座ってる誰も、よもや私がさっき手術受けてきたとは思うまい、
ウヒ(笑)

というか、私だって、他の誰かの特殊な事情に
気付かずに横に座ってることが日々多々あるんだろうなと思う。

動きが制限されるので、あまりすることもなく
それなりに腫れるので、日曜は本を読んで寝て…
って感じでした。
そして早寝。だって起きてる=立ってると腫れるんで(笑)
日曜に家にいて、昼寝したのなんて…何年ぶり??
普段結構寝不足だったんだなと、気付いたりもします。
どんどんと、不足分が解消されてるのが実感(笑)
寝る度に、「よく寝た」というタイトルのパズルに不足してた「寝」というパーツを
ペコンペコンとはめていってる感じ。
元々痛みには滅法強いので、ちょっと痛み止め飲んだら普通です。

しかし、結構世の中簡単に見えて簡単じゃないっていうか
単純な行動こそ、意外と簡単じゃなくて、案外複雑だったりとか
結局、一連の流れが整ってないと
青信号点滅で横断歩道渡れないし
あと1分で発車って電車にも飛び乗れないし
そう、シャワーも満足に浴びれないわけです(笑)
でも、簡単でもシャワーできるだけで幸せかも
さっぱりするって、人として生き返れます。
大事なのは五体満足…です、ホント。
まぁ、術後二日で(ある程度、気づかれない程度)普通に仕事できてるので
かなり首尾は上等、そこそこ予定通りなんですけどね。
ああ、でも早くジャブジャブザンザンとシャワーしたい!
(まだ患部を濡らしてはいけないので、ジャーとは水を浴びれない)

しかし、全身麻酔って体験は貴重でした…
今まで弟を見て知ってるという、バーチャルの世界でしたので…
手術にまつわることは、弟のアレコレで大体見てきてるので
自分の時も「ああ、あれ?」とか「ああ、次あれですよね」とか
一向にアタフタもしない、素の患者だったようで
看護婦さんに「よくご存じですね」と言われました。
物心ついたころから、そんなような生活なんで(笑)

しかし、私の今回かかった費用、それなりの金額でして…
いたーい出費です。
保険で幾ばくか戻ってきてくれることを祈ってますが…
弟は障害者の控除やら、割引やらなんやかんやで
当然金額的負担は普通より軽かったとは思うけど
長期入院を繰り返してて、手術の規模も半端ない状態だったし
そら費用もかかっただろうなと、よく工面できてたなと
今更ながら思います。
大会社はやはりその辺しっかりしてるし、手厚いです。
で、精神的だけでなくおそらく物質的にも援助してくれてたと思われる、
今は亡き母方の祖父母にも、今更ながら感謝だなと思ってみたり…
[PR]

by miyumayu27 | 2012-10-02 20:00 | 日々のこと

<< その土地のアジ たのしいけど、ハンパなこと >>