徒然…   

徒然…車中、気晴らしに色々観察。

日本人ってレイヤースタイル
好きというか、上手だなと思うのは
十二単とか、袖を重ねて見せる重ね着の伝統かもなと
思ったりします。

土曜の朝、処置の都合上終わるまで絶食。
ということで朝ごはんが食べれなくて…
そうなってくると、めっちゃヒマというか、時間がたっぷりあるんです、朝。
朝ごはんにこんなに時間使ってるってこと?
というか、家にいると、食べ物のことばかり…してるような気が?
病院に行くまで、途中のドトール、サンマルクカフェ、ありとあらゆる
モーニング攻撃…耐えました。
というか、「すっかり忘れて一口食べちゃった」という夢をみました(笑)
よっぽどやりそうだったんだろうなぁ…ありえるけど。

電車で前に座ってた人が「ダヤン」のキャラのバッグを持ってて
めちゃ懐かしいというか、まだ現役なんだなぁと
ロングセラー、息の長いキャラ。高校生の頃だっけ、デビュー?
ネコのキャラは、やっぱり人気あります。

角田光代さんの本を、最近読み始めました。
やはりキモは、好みの方向と、言葉の選び方と
そして何より、食べることへの愛着。
このエッセイなんて、ホントにひしひしと、伝わってきます。
この好みが「鍵」となるので、文章にスーッと入って行ける。
書評で書かれた本も、また読んでみたい!
「彼女のこんだて帖」
って本を先日一気読みしたのですが
そこの一文で
「私たちの毎日はかっこいいものとかっこわるいものでできあがっている。
豊かであるというのは、きっとそういうことなのだ。
かっこいいばかりではなく、かっこわるいばかりでもなく。
43ページ より

私たちは、自分達の食べるもので作られているんです。
だから、だらしなく適当に食べたくない。
自分で選んで、ジャンクフードも食べると選んで食べたい。
そして、食べるもので私たちが形成されるなら、
思考文章も然り
その人の食べ物の好みは、文章の好み
なんでしょうね…
[PR]

by miyumayu27 | 2012-09-30 20:00 | 日々のこと

<< たのしいけど、ハンパなこと ゴエンとゲンキ >>