ホットケーキ 「スマート珈琲」   

家ではホットプレートで焼かれちゃうホットケーキ
表はきれいだけど、裏はマダラ模様のホットケーキ。

でも、お外のホットケーキは、色も表面も滑らか
ブツブツボコボコしてなくて、とてもヨソイキ。

分厚い鉄板とか、銅板で丁寧に焼かれたホットケーキ
それは大体古い、喫茶店で、四角いバターが上にのって
銀色のシロップ入れがついてくる、そんな感じ。

祖父や大人の人に、小さい頃連れて行ってもらった、ノスタルジー。
ということで、ホットケーキは、ケーキドーナッツと並んで
私を夢中にさせるメニューの一つ。

そして一度でいいので行ってみたかった場所が、京都の「スマート珈琲店」
a0118723_2155887.jpg

寺町三条しょっちゅう通ってるし近いのに「遠い」んですよ、いつも混んでるし。
が、今回は泊まり、しかもホテルとお店はとっても近い。
ということで、朝食はここに決まり!

開店2分前に到着して、店をウットリ眺めていると
お店の方が中へ入れてくださいました。
入るなり、香ばしい焙煎したての珈琲豆の香り。
a0118723_2181169.jpg

私が大好きな紅茶にはない、このカオリ。
大の紅茶党なので、家で飲むのは大抵紅茶
お外では美味しい好みの紅茶が飲めるところが少ないので
外出時はコーヒーが多い私、なのでこのカオリは外出してることのアカシ。

ということで、今日初めてのお客になった私
a0118723_2185629.jpg

お店が見渡せる席に座って、ドキドキを押さえつつメニューを広げる。
a0118723_2153783.jpg

注文するものはもちろん決まってはいたけど、
なんてったって憧れのお店に初入店、メニューはちゃんと見たいもの。

他の方はフレンチトーストの方もおられて(二人連れでシェア、いいなぁ)
一瞬悩むものの、やはり初志貫徹でブレンドとホットケーキをオーダー。
そうこうしてると、ドンドンお客様が入ってこられます。
あっという間にほぼイッパイに。

常連さんも沢山おられて、スルっといつもの席へ、で黙っててもホット、みたいな。
かっこいいなぁ…こんなところで常連!スマートなスマートの常連(笑)!!
大人や~私もそのうちミックスサンドとか頼みたい!
(次はフレンチトーストって決めてるから、あと二三回してからね(笑))

で、やってきました、焼きたて湯気フワッーのホットケーキ。
a0118723_2161262.jpg

家みたいに大きすぎず、かといってガッカリするほど小さすぎず、絶妙の大きさ。
で、theホットケーキな理想的な焼き色、
これに顔を埋めて寝たらアナタどんだけいい夢見れるか…
と、あくまでこっそり、間近で深呼吸~(笑)
で、思わず指でつついてつついてみます、五感で堪能。
フワッフワのアッツアツで、端っこがカリっ。うふっ。
乗せたバターが溶けてツルリーンと滑り降りてく。
そうそう、こうでなくっちゃ…

が、何故かホットケーキが先に来て、珈琲がこないというハプニング。
しばし溶けるバターを満遍なく全体に、一枚目から二枚目へとガイドしつつ、
しばし珈琲待ち(笑)
a0118723_2162325.jpg

やっと来た珈琲の香りをグっと吸い込んでから
a0118723_2173629.jpg

ホットケーキ表面にナイフでプスプスと切り込みいれて、そこへシロップをタラっ。
一口大に切り分けて、それから先は至福の時。
なんでこんなに美味しいんだろう…(そらプロだし、お店だし…)

今の私と、子供の私が、一度に嬉しくなっちゃえる味。

スフレみたいにやたらと分厚いホットケーキもありますが、
ホットケーキでお腹イッパイになりたくはないので、
私はこの昔ながらの普通の2枚ってのが
ホットケーキ的朝ごはんでは理想。

しかし、ホントに美味しい。表面が程よくサクっとしてて、
それがバターとシロップでだんだんとシットリしてきて、で、中は絶妙にふんわり。
ずっと食べていたい美味しさ…パクパクとイキオイで食べてしまいそうなところを
小さめに切ってチマチマと頂く…けど、結構お店も混んできて、
お店の方向性として相席をよしとしてないみたいで(確かに喫茶店で相席ってないな…)
お待ち頂く状態になってるのが見えてきたので、もっと座っていたかったけど
ちょうど新しいお客さんが入って来られたところで、入口のお姉さんに合図して
席を立ってお勘定。
お姉さんにお礼言われてしまいました…
いえいえ4人席に1人だから私こそさっさと出ないといけなかったのに…
恐縮です。
こういうところがいいんですよね、老舗。

こんだけホットケーキ楽しめたら、いうことなし!
本当に美味しかったです、ありがとうございました!
[PR]

by miyumayu27 | 2012-09-12 20:00 | おかしのこと

<< としょかん ウチの子 パソ子 >>