赤福氷 「赤福茶屋」   

普段ほぼ100%冷たい飲み物、冷たい食べ物は口にしないくせに
今年の私はどうしたことか
例年にはありえないことに、冷たいお菓子にも目が行きます。
(あっ、でもソフトクリームは除きます。あれはちょっとイベント的要素で別枠なので)

そんな自分に気がついたのは、ある日お仕事で大阪へ行った時のこと。
御堂筋のあまりの暑さにやられたのか、それともお昼があまりに辛かったからか(笑)
何となく思いつきで帰りに、大阪三越伊勢丹の地下の「赤福茶屋」で「名物赤福氷」を頂くことに。
記憶にないぐらい、ものすごく久しぶりのカキ氷。
店舗限定、期間限定の夏の味
http://www.akafuku.co.jp/product/kori/

いつも店頭はグルグルと長い行列ですが、さすがは平日。しかも17時ごろ、適当に空いてます。

待ってる間に注文します。
a0118723_22492454.jpg

食券を頂いて、順番を待ちます。
中は茶屋っぽい作り、縁側席があったりして伊勢の本店のニュアンスあり。
a0118723_22494738.jpg


まもなくやってきた赤福氷
a0118723_22473853.jpg

ホワっとモリっと盛られた濃緑の氷をサクっと食べていくと
中から餡とコロリとしたお餅。
a0118723_22495776.jpg


赤福餅がそのまま入ってると思ってるお客様も多いようですが
冷たい氷で固くならないよう、赤福氷用特製の餡とお餅。
抹茶蜜と一緒になっても甘すぎない餡と、ちゃんとモッチリとした赤福らしい食感の
柔らかい御餅…おいしいです。
カキ氷頼んでてなんですが、氷なくてもいいなぁ(笑)
多分、赤福氷頼んだ人は、「ああ、また来て次は赤福食べよう」か
「あとで赤福買って帰ろう」となるかと(笑)
氷が美味しくないってことではなく、存分にホントにフワっと上質でオイシイ
食べてよかったととっても思うけど、
赤福餅を引き立てるために存在してる…あくまでサイドメニューというか
赤福餅への呼び水になってるような気がしちゃって
改めて、伊勢名物銘菓「赤福餅」の歴史に裏打ちされた底知れぬ実力を感じたひと時でした。
[PR]

by miyumayu27 | 2012-09-07 20:00 | おかしのこと

<< あんず氷 「みつばち」 おいつかなーい >>