六甲おろし   

毎日、これでもかというほど寒いですが、
平均的に穏やかな気候のココラヘンも、さすがに寒い。
というか、六甲おろしのメッカなので
(というか、ここいらでしか六甲おろしは吹きようがない(笑))
風がある日は、ホンキで危険を感じるほど寒いんですよ。

これで、この週末、ブドウ畑で枝切りしようってんですから
自分でもチャンレンジャーだと思う。
楽だと、やってる気がしないんですよね…
(根っからのM(笑))

さて、昨日は
「午後から雨、夜は冷たい雨となるでしょう」と聞いていたので
レインブーツを履き、空模様はまだ安定してたので傘は持たずに家を出て
最寄り駅に着いたら、前方から改札に向ってくる人たちが
傘をパタパタさせているじゃないですか…
傘をブラブラ、ではなく、パタパタ。
我が家は山の手エリア、会社は海際港湾エリア。
天気が結構違うんです、神戸市ならではでもないけど。

ということで、駅ビルを出るなり、外は小雨。
交通量の少ないエリア、いつもなら、そんな小雨パラつく時は、
横断歩道は信号は見ないフリで猛ダッシュですが
よりにもよって、前方対岸には小学生…

くぅ…迷う。

段々と降りが激しくなってきたので、
ここは「全て見えないふり」して渡ってしまいたいけど
私より先に強行突破で信号無視したひとを、
小学生たちがシゲシゲとガン見してるのをみて
「これは、いかん、子供たちに立派な大人になってもらうため、堪えろ」と。
ということで、ここで数分ロスしたため
結構なイキオイで濡れるの巻。
立派な大人になって、日本の将来を支えてもらわないといけませんからね

日本の明るいミライのために、私は濡れますよ、ええ(笑)

んで、会社についてしばらくすると、薄日差してきたんですけどね(笑)。
大体、人生まぁそんなもんです。

というか、「夜は冷たい雨」って聞いたから、レインブーツだったのに
雨は一滴も降ってなくて、風に吹きつけられただけでしたが…
だから「自分がレインブーツ履いてきたら、雨が止むねんよな」って言われるんです。
大体、人生まぁそんなもんです。

根っからの、アマノジャクっ子ねぇ…
[PR]

by miyumayu27 | 2012-02-02 08:00 | 日々のこと

<< メゾン・ド・リンリン その1 かお >>